記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

「スタートアップ」で注目を浴びたキム・ソンホのグラビアが公開

    俳優のキム・ソンホが『Noblesse MEN』2021年初のカバーを飾った。

    23日、所属事務所S.A.L.T.エンターテインメント側は男性マガジン『 Noblesse MEN』と一緒にキム・ソンホの2021年1、2月号のグラビア写真を数枚公開した。特に今回のグラビアは、キム・ソンホのマガジン初のカバー撮影としても知られ、さらに意味深い。

    公開された写真の中のキム・ソンホは深い眼差しでカメラを見つめながらクールな雰囲気を醸し出している。

    続く写真の中では、白黒トーンの中でもクラシックでありながら節制されたムードを発散したり、目をつぶって明るく笑いながら輝くビジュアルを披露して視線を虜にする。

    グラビア撮影が終わった後のインタビューで、キム・ソンホはマガジンの初カバーを撮影した感想について「こんなに感謝する瞬間が来るなんて。最初に提案された時はよかったが、一方では心配になった。「ポーズが取れなかったらどうしよう?」、「ぎこちなくなったらどうしよう?」、「迷惑かけちゃダメなのに」と思っていた」と笑顔で答えた。

    彼は学ぶという人生の態度について「先輩たちと話をしながら「年を取ると頑固になる。そのような人になってはいけない」という話を聞いた後、悩んだ末に「いつも学んでいこう」と思っている。そうするうちに習慣のように学ぶという言葉が出てきて、実際に相手の長所から見るようになる」と率直に答えた。

    最後に、その学ぼうとする姿勢が結局、キム・ソンホを絶えず変化させるようだという質問に対し、キム・ソンホは「その通りだ。

    以前のように変化の波が大きくはないが、演技に対する態度も演技に対する確信も常に少しずつ変わっているようだ」とし「最近はそんな変化がなかなか起きていないのが残念だが、ハン・ジピョンのキャラクターに出会ってから多くが転換された。これまで馴染みのなかった新たな姿を拡張してみたいとも思っている」と真剣に答えた。

    キム・ソンホのより多くの写真とインタビュー全文は『 Noblesse MEN』2021年1、2月号で確認できる。キム・ソンホは2021年1月8日から世宗文化会館Sシアターで上演される演劇『氷』で観客に会う予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者 / 写真=Noblesse MEN | 入力 2020-12-23 13:39:57