記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

東方神起ユンホ「Thank U」MVがR指定「適当に作りたくなかった」

    東方神起ユンホの「Thank U」のミュージックビデオがR指定を受けた。

    18日午前、ユンホの2ndミニアルバム「NOIR」発売記念オンライン記者懇談会が行われた。

    タイトル曲「Thank U」はドラマチックな展開と中毒的でウィットのあるリフレーンが印象的なポップダンス曲で、歌詞にはオンライン上の皮肉と嘲笑まで自分を成長させる栄養にしてさらに素敵な姿を見せるというメッセージを込めた。

    ユンホは「タイトル曲は「自分らしく自分の道を行くという意志を込めた曲だ。ユ・ヨンジンプロデューサーとどのようなことが最もユンホらしいのか、ユンホの長点なのかを考えて作った曲」と説明した。彼は「普通、ノワール映画というと暗くて重い雰囲気を連想するが、この曲は映画のようでもあり、のりやすくもあるダンサブルな曲だ。既存の感じとは異なる雰囲気を感じることができる」と明らかにした。

    ミュージックビデオにはファン・ジョンミン、イ・ジョンヒョンが出演して一本のノワール映画のような映像が完成された。ユンホは「ノワール映画のようなミュージックビデオのためにファン・ジョンミン先輩とイ・ジョンヒョンさんが出演してくれた。快く出演してくださり感謝した。2人の熱演のおかげで素敵なミュージックビデオになった。完成したミュージックビデオをご覧になったイ・スマン先生が長文の賞賛メッセージを送ってくださったのが記憶に残る」と伝えた。

    一本の映画のようなこのミュージックビデオはR指定の判定を受けた。

    ユンホは「どうせやるなら適当に作りたくなかった。作ってみたらR19(未成年者は鑑賞不可)ミュージックビデオが完成したが放送用バージョンを通じて見ることができるので期待してほしい」と説明した。

    アルバムにはタイトル曲「Thank U」をはじめ、シン・イェウンがフィーチャリングしたロマンス感性の「不眠; La Rosa」、未来志向的なムードの「Time Machine」、コメディ映画のような愉快な魅力の「Loco(House Party)」、モノドラマのように率直な歌詞が引き立つ「Need You Right Now」、後続曲で活動する「Eeny Meeny」まで、シネマティックな魅力の全6曲が収録されている。

    ユノの2ndミニアルバム「NOIR」は18日午後6時、オンライン音源サイトを通じて公開される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者 | 入力 2021-01-18 11:24:16