記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

ドラマ出演中のジスにいじめ加害者疑惑 追加の暴露が相次ぐ

    • 写真:スタートゥデイDB

    俳優ジス(本名キム・ジス)についての過去のいじめ暴露が相次いでいる。

    2日午後、あるオンラインコミュニティには「俳優ジスはいじめの加害者です」というタイトルの書き込みが投稿された。

    投稿者Aさんはジスと同じ学校出身だと明らかにして卒業証明書と卒業アルバムを根拠として提示した。Aさんは「キム・ジスは今はいい人のふりをして独特な笑顔を浮かべてテレビに出てきているが、彼はいじめの加害者であり、暴力団、チンピラのようなものだった」とし「キム・ジスは当時、同年代よりも大きな体躯をしていた。2007年、中学2年生のころから本格的に学校のチンピラとして君臨して学校であらゆる悪事を犯した」と主張した。

    また、Aさんは「キム・ジスと不良グループから2008年の中3のときからいじめを受けた。いじめという言葉ですべてを定義するには不足している。仲間外れ、暴力、脅迫、侮辱、悪口などあらゆる校内暴力を受けた。その理由はキム・ジスと同じ不良グループの一人がある学生の文化商品券を奪ったことから始まった。その文化商品券を奪った不良のもとに行って商品券を返さなければ警察に通報すると話した。このような私の行動はキム・ジスの不良グループに反する行為だった。そのため平凡に過ごしてきた私の中学校生活はその後は恐怖そのものになった」と書いた。

    続いて「警察に通報するという言葉のためか彼らは慎重だった。悪辣に本人たちは抜け出せるように他のクラスメートに私を苦しめさせた」とし「キム・ジスの不良グループは初めから学校全体に「○○○(Aさん)と話したり一緒にいるやつは殺す」と公言し、その後は私の「アンニョン」という挨拶にすら答えない同級生が出始めた」と説明した。

    続けて「私の書いた文は私が「直接」経験したことだけを短く書いものであり、キム・ジスからさらにひどくいじめられた人は本当に多い。その中からいくつかのことを書きたいが、その友人が望まないかもしれないので書かない。私は実際にその当時にさらに激しくいじめられた他の友人たちに比べると、大したことのない被害事例だ。しかし他の被害事例がより悪辣でひどいからと、私のことを決して軽いことだとは思わないでほしい」と伝えた。

    最後にAさんは「悪辣に人々を苦しめて困らせたいじめ加害者が今ではいい人のふり、善良なふりをして人々の人気を得て食べて生きることに深い嫌悪感を感じる」とし「私が望むのは補償でもなく謝罪でもない。すでにすべてを経験し取り返しのつかないことに謝罪なんていらない。それが本心だとも思わない。私が望むのはたった一つ。やりたいことが演技ならやればいい。ただしその名前の前に「校内暴力加害者」ジスというタイトルを一生胸に抱いたまま生きてほしい」と付け加えた。

    いじめ暴露が登場するとジスと同じ学校を出たと主張するネットユーザーたちがコメントを介して追加の暴露を続けてさらに波紋が広がっている。

    Bさんは「キム・ジスを含むその不良グループが犯した悪行を見ると本当にチンピラと変わらない。暴力、悪口、暴言、喫煙は基本で、バスカードや複数の物品を恐喝したり毀損し、様々な服(私服)を被害者に高く売りつけたケースも見たし、バスや給食室でこっそり制服に唾を吐く場合、性行為をしてから捨てたという話も自慢するように耳にタコができるほど話していた」と主張した。

    Cさんは「特定の誰かを決めて苦しめたこともあるが、自分が王であるかのように学校で同級生に無差別に難癖をつけて理由もなく殴って暴言を浴びせていた」と暴露した。

    これと関連してジスの所属事務所キーイースト側は毎日経済スタートゥデイに「確認中」という立場を明らかにした。

    ジスは2015年、MBCドラマ『ラブリー・アラン』でデビューした。『麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜』、『力の強い女 ト・ボンスン』、『初恋は初めてなので』などの作品に出演しており、現在はKBS2月火ドラマ『月が浮かぶ川』に出演中だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 | 入力 2021-03-03 07:55:55