記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
ニュース > 政治

朴大統領、「非公開謝罪」真正性論難

野党、世論につられて遅れて批判...キム・ハンギル「国民に怒り加えて」/「セウォル号の遺族の抗議残念」閔庚旭青瓦台代弁人の舌禍も 

  • 朴槿恵大統領が先月29日、閣議の冒頭発言を通じて「非公開対国民謝罪」を行ったことが適切だったのかをめぐり、政界で論争が高まっている。

    新しい政治民主連合は先月30日、朴大統領の謝罪が不十分だという世論が激しくなると、一歩遅れて攻勢に出た。前日、朴大統領の謝罪表明の後、キム・ハンギルと安哲秀(アン・チョルス)共同代表が見せた消極的な姿勢に対する党内外の批判世論も、態度の変化に影響を及ぼした。

    キム・ハンギル共同代表はこの日、「昨日、大統領の謝罪があり、国民に慰労になることを望んだが、むしろ遺族と国民の怒りを増してしまった」とし、「大統領が遺族や国民の前で私も罪人だと、無限の責任を感じると言われた場合は、遺族と国民に少しでも慰めになっていただろう」と明らかにした。

    オ・ウォンシク最高委員は、「盗んでもいない泥棒が疑われるように、青瓦台の青の字が出たら防がなければならないという態度に国民はうんざり」とし、「大統領周辺の方々が、いまや閣議での微温的謝罪ではなく、前面に出なければならないと話す姿を見たい」と批判した。

    韓貞愛(ハン・ヂョンエ)新しい政治民主連合の代弁人はブリーフィングで、「過去のせい、公務員のせいにしようとする姿が歴然としている」とし、「この政府は朴槿恵政府か、それとも朴槿恵と政府か」と批判した。

    与党ですら批判の声が出た。李喆雨(イ・チョルウ)セヌリ党議員はこの日、あるラジオ放送に出演して「朴大統領は遺族がやめなさいと言うまで謝罪し、また謝罪しなければ」とし、「大統領は事故現場を直接訪問して慰労したが、遺族と国民がまだ真正性がないとしたならそうしなければならない」と語った。

    正義党は同日午前、閔庚旭(ミン・ギョンウク)青瓦台代弁人の発言の問題点を取り上げ、朴大統領の真の謝罪を要求した。李貞美(イ・ヂョンミ)党代弁人は「(朴大統領は)すぐに遺族の前に出て筵に座して処罰を待たなければならない」と主張した。

    これに先立ち、ミン・ギョンウク代弁人は朴大統領の対国民謝罪と関連し、遺族が「非公開謝罪は謝罪ではない」という趣旨で批判したことに対して、「遺憾であり残念だ」とコメントして舌禍論難を招いた。

    ミン代弁人はまた、朴大統領が今後国民に対する立場を発表するかどうかに対しても、「昨日の謝罪が云々される状況で、広報担当者が次の謝罪がどのように行われるかなど、言及すること自体が適切ではない」と答えた。

    ミン代弁人は記者室を再び訪れ「遺憾であり残念だという言葉は青瓦台や大統領の意思ではなく、純粋に私の個人的な言葉」だと釈明した。

    一方、青瓦台はこの日、大統領が今月15日ごろ(テレビ生中継)対国民謝罪を行うという一部メディアの報道について、「青瓦台は言及したことがない」と否定した。
  • 毎日経済_チャン・ヨンスン記者/チェ・ヂョンウォン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2014-04-30 17:30:59