記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
ニュース > 政治

韓・日「議員連盟」会談…共同声明は不発

両国議員ら「国益損害」共感したが 争点めぐって見解相違 

  • 額賀福志郎日韓議員連盟会長は、強制徴用被害賠償問題について「国民の政府(金大中政権)と参与政府(廬武鉉政権)など、過去の進歩政権時にもこれに対する法的な問題提起はなかったが、文在寅(ムン・ヂェイン)政府に入っ問題が浮上した」と語った。東京を訪れた国会訪日団の団長である無所属の徐清源(ソ・チョンウォン)議員が31日、日韓議員連盟との昼食会を行った直後にこのような事実を伝えた。韓・日の葛藤を解決するために国会訪日団が日本の議員らに会って問題の解決を模索したが、そうとうな見解の違いを確認した。

    ソ・チョンウォン議員によると、額賀会長は「(徴用問題が)すっきりと解決されなければならない」とし、国会訪日団は「このようなすべての部分について国会レベルで行うことができる法的措置があれば行う」とし、「強制徴用賠償法を見直そうという話もあり、新しい特別法を制定しようという話もあるが、これから本格的に議論が始まる。皆さんもこの問題を解くために努力してほしい」と話した。

    また額賀会長は産業統計を例にあげて、日本の輸出規制が不当な措置ではなかったと説明した。国会訪日団はこれに直ちに反論して「日本の産業省が持っている統計と私たちが持っている情報をやりとりする対話を向後進めなければならないのではと思う」と語った。

    両国の議員団はこの日、共同声明を発表する予定だったが、意見が調整されず不発になった。二階俊博自民党幹事長との面談も霧散した。

    国会訪日団は議会外交の次元で日本のホワイトリスト(輸出優遇国)排除反対の正当性を説明したという点で意味があると強調した。代表団はまた、日本の議員らに東北アジアの安全保障協力の認識の重要性を説明し、ホワイトリスト排除時は韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)がきちんと役割を果たすことはできないという意見も伝えた。

    ソ団長は「安倍晋三首相がこれほどまでにするのはだめだということを、日本側とわれわれの双方で共感した」と紹介した。

    国会訪日団はこの日、日本の東京で日韓議員連盟との昼食会を皮切りに、1泊2日の日程に突入した。国会代表団はこの日、日本の東京に到着するやいなや日韓議員連盟との昼食会を開催した。昼食会には額賀会長と河村建夫日韓議員連盟幹事長らが出席した。

    代表団団長であるソ議員は昼食が終わった後、取材陣と会って「日本側は日本国内に嫌韓があるとの話をしたし、私も韓国内の小学生の反日感情がマスコミに報道されるほど強硬な雰囲気がある状況だと伝えた」とし、「難しいたびに韓・日の議員が悩んで、潤滑油の役割を果たしてこなかっただろうか。こんかい各自が政府に意見を伝え、ホワイトリスト除外が発効されないように切にお願いすると語った」と説明した。この日の出会いの代替的な意味は問題解決に対する共感だったと韓・日議員は説明したが、各論では議員らの間で主張と反論がやりとりされたこともあったという。
  • 毎日経済_東京=チョン・ウク特派員/キム・ミョンファン記者] | (C) mk.co.kr | 入力 2019-07-31 18:24:29