記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
ニュース > 総合

大邱また緊張…「梨泰院コロナ」感染襲い


    「コロナ19」の累積確定者数が全国で最も多い大邱市で、「梨泰院クラブ」に端を発する感染者が初めて出たことから地域社会が緊張している。

    中央防疫対策本部は23日0時の時点でコロナ19の新規感染者が前日0時よりも23人増加したと明らかにした。大邱市では1人が追加された。「梨泰院クラブ」に発する最初の地域確定事例だ。

    達西区に住む新規感染者のAさんは第3次感染事例だと伝えられた。防疫当局はAさんが11日、大邱に来たBさんからコロナ19を伝播されたものと把握している。Bさんは大邱を訪問する前に、「梨泰院クラブ」を訪れて陽性判定を受けた友人のCさんから伝染したと分析された。

    AさんとBさんは去る11日から21日までコインカラオケや地下鉄、漫画カフェ、ゲームコーナー、食堂などを訪問したことが分かった。若い年齢層がよく行く多重利用施設をいっきに利用したわけだ。若年層を中心に「音のない伝播」が再び起こりうるという懸念が出ている。現在までに、彼らの陳述に基づいて大邱市が確認した密接接触者は、家族や知人などの62人だ。

    キム・ジョンヨン大邱市感染症管理支援団副団長は、「確定者らが大邱でかなり多くの場所を訪れており、マスクを着用していないケースもって伝染力があると思う」とし、「動線が重なる市民は自発的に検査を受けることを勧告する」と述べた。

    この日までに累積確定者数は1万1165人と集計された。地域別の累積感染者数では大邱が6873人で最も多く、次いで慶北(1370人)とソウル(762人)などの順だ。
  • 毎日経済_キム・ガンレ記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2020-05-23 15:08:43