記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
ニュース > 総合

「北の銃撃事件」…国連司令部、南北ともに停戦協定違反

  • 去る3日、江原道・鉄原(ちょろん)の非武装地帯(DMZ)南側の監視哨所(GP)に対する北韓軍の銃撃を調査してきた国連司令部は26日、南北ともに停戦協定に違反したと判断した。しかしわが軍当局とは異なり、北側の銃撃が意図的に行われた可能性を否定せず、議論が予想される。

    国連司令部はこの日、フェイスブックに公開した調査結果で当時、北韓軍が南側GPに加えた銃撃が偶発性かどうかを確定的に判断することはできないと説明した。国連特別調査チームは北韓軍が今月3日午前7時41分、軍事境界線の北に位置する哨所から、南側の国連司250番警戒所に向かって14.5㎜小火器4発を発射したことを停戦協定違反として結論付けた。

    しかし「銃撃4発が意図的だったのか偶発的であったかは確定的に判断することができなかった」として判断を先送りした。事件直後、わが軍当局は北側の銃撃が勤務交替時間に発生し、当時は霧が濃かったという点をあげて偶発である可能性が高いと説明した。ただし北韓軍が国連司令部の調査に応じず、南側GPなどのみで調査が行われたという点から国連の判断も制約を受けざるをえなかったとの指摘が出ている。

    国連司令部は韓国軍が北韓軍に対応して射撃と警告放送を行ったことに対し、「韓国軍の射撃は停戦協定違反に該当する」と指摘した。

    国連司令部は韓国軍側の停戦協定違反の理由を説明しなかったし、資料に明示しなかったが、北韓軍の銃撃4発に比べて韓国軍の対応射撃が30発で過度だったという趣旨で、非公開に調査報告書に明記したことが分かった。

    国連司令部は今回の調査が韓国軍の積極的な協力の下に行われたとし、「北韓軍に銃撃事件と関連する情報提供を要請したし、北韓軍はこれを受信したが正式な答弁を出していない」と説明した。国防部は国連司令部が南側の対応射撃に対しても停戦協定違反だと判断したことについて遺憾を表明した。

    国防部はこの日、国連司令部が調査結果を公開した後、ただちに立場表明を行い、「国連司令部が発表した今回の調査結果は、北韓軍の銃撃に対する実際の調査なしに発表されたことに対して遺憾を表する」と述べた。また「現場の部隊は当時、北韓軍の銃撃について対応マニュアルに沿って適切に措置した」と、対応措置には問題がなかったと強調した。国連が停戦協定違反事案をフェイスブックを通じて公開したことも、国防部がこれに遺憾を明らかにしたことも異例だ。
  • 毎日経済_パク・マンウォン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2020-05-26 17:44:45