記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
ニュース > 総合

「現実と仮想の境界のないコンテンツが世界を支配する」

SMエンター「アミューズメント企画部」 


    • SMエンターテイメントのオンライン有料公演「ビヨンドライブ」は拡張現実(AR)技術が大幅に適用された。東方神起の会場舞台にはAR技術でクジラが遊泳する姿を実装した(左)、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)の公演ではメンバーのチェ・シウォンが12メートルの巨人で登場した。 [写真提供=SMエンターテイメント]


    ソウル市清潭洞のSMエンターテイメント本社社屋。ここには他のエンターテイメント会社にない特別な部門が存在する。「アミューズメント企画部」だ。一般のオフィスと違いは無いように見えるこの部処が特別な理由は、Kポップと人工知能(AI)や拡張現実などの最尖端技術を結合することを担当するからだ。李秀満(イ・スマン)総括プロデューサーはふだんから「AI、バイオ、ナノテクと結合した文化技術がエンターテインメント業界に革新をもたらすだろう」と強調してきた。

    「アミューズメント企画部」はまさに李秀満プロデューサーの経営哲学が反映された部門だ。アーティストの管理や音楽・ダンスのみに神経を使う、大部分のエンターテイメント社とは明確に異なる。部門を統括するパク・チュニョン本部長は、「ホログラムミュージカル、仮想現実と拡張現実を活用したコンテンツを継続的に開発し、実践する部処」だと紹介した。

    アミューズメント企画部は、SMのオンライン有料公演「ビヨンドライブ」を総括演出した。巨人や虎、龍にクジラなどを拡張現実技術で演出し、オンライン公演の新しい地平を開いた。去る4月のSuperMのステージを皮切りに5月のSUPER JUNIORまで、計6回の公演を成功裏に終えた。外信には「ライブコンサートの新しい時代を開いた(米国ABC)」という絶賛があふれた。 SMの成功をモデルにした国内エンターテイメント各社の、ステージのオンライン化作業もスピードを出し始めた。

    世界初のオンラインデジタル公演の背景には、李プロデューサーのリーダーシップがある。李プロデューサーは平素から高度な技術と文化の融合に興味を持ってきた。拡張現実・人工知能などの相次ぐさまざまな技術が、Kポップと結合した「カルチャーユニバース」だという所信からだ。李プロデューサーは社の従業員に、頻繁に「将来的には聴覚と視覚で音楽を楽しんでいた限界を超えて、現実空間と仮想空間の境界のないコンテンツが支配することになるだろう」と強調してきた。技術に対する関心はソウル大を卒業した後、カリフォルニア州立大学院ノースリッジコンピュータエンジニアリングの修士課程を経る背景になった。

    Kポップと未来の技術を結合する李プロデューサーの特別作業は、すでに7年前から始まった。 SMは2013年に江南駅で少女時代のホログラムVコンサートを開催し、2015年には東方神起、SHINee(シャイニー)、EXOなどの所属歌手たちが大挙参加したホログラムミュージカル『スクールOZ』を披露した。ミュージカルがホログラムを使用して実現された世界初の事例だ。

    李秀満プロデューサーは「ビヨンドライブ」の公演を最前方で導いたリーダーとして活躍した。コロナ19事態でオフラインコンサートが全面中断された状況の中で、今回の公演を新たなビジネスを誕生させることができる機会として見たからだ。デジタルコンサート全般を陣頭指揮しながら長所と短所をこまかくチェックし、オンライン公演の最適化を助けた。拡張現実を適用した舞台全般を企画したり、複数の画像接続システムでアーティストと視聴者の間のコミュニケーションを強調したこともまた、李プロデューサーの功績だ。

    李秀満プロデューサーはKポップをアップグレードできる技術を確保するために、長距離の海外出張を躊躇しなかった。 2017年にエンターテイメント会社では初めて、世界最大の家電IT展示会CESに参加した理由もまた、李プロデューサーの積極的な意志があったからだ。昨年、SKテレコムと「SKT 5GとSMのコンテンツが作る次世代エンターテイメント」をテーマに共同ブースを運営した。両社の縁は今回の「ビヨンドライブ」にまで続いた。

    先月31日に開かれたSUPER JUNIORのオンライン公演では、メンバーのチェ・シウォンが12メートルの大きさの巨人の姿で現れて話題を集めた。 SKテレコムの混合現実製作所「ジャンプスタジオ」とSMが共同で企画して作りだした結果だ。既存のオンライン公演がコンサート実況を録画した映像に過ぎなかったならば、SMのオンライン有料公演はデジタル最適化コンテンツとして位置づけられた。

    未来のエンターテイメントに向けた李秀満プロデューサーの視線は依然として高いところに向かう。聴覚と視覚でのみ楽しむ音楽を体験の領域に拡張する「カルチャーユニバース」の実装が同氏の夢だ。仮想現実と現実の世界を行き来する新しいKポップのために、世界中の企業とのコラボレーションにも積極的に乗り出す。昨年はすでに世界的な半導体メーカーのインテルと手を組んで、360度楽しむことができる没入型コンテンツを作成した。李プロデューサーは総括プロデューサーを務め、依然として現場感覚を誇っていた。
  • 毎日経済_カン・ヨンウン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2020-06-03 19:19:15