記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
ニュース > 総合

韓、三日めの確定者100人超…不安つのる「ハロウィン」

日常空間での集団感染持続 


    日常のあちこちで集団感染が発生し、「コロナ19」の新規感染者数は3日連続で3桁を記録した。特に31日の「ハロウィン」を控えていながらも確定者の規模が小さくならず、防疫が懸念される状況だ。

    30日、中央防疫対策本部はこの日の午前0時の時点でコロナ19の新規感染者は114人と発表した。最近では訪問教師、サウナ、教会、学校はもちろん、家族・知人の集まりや職場など、日常空間のあちこちで散発的に感染が相次いでいる。

    ソウル市恩平区の訪問教師の事例は、去る27日に確定された指標患者の訪問学習指導を通じて、受講生と受講生の家族・知人が感染し、累積で13人が確定した。ソウル市江南区の「ラッキーサウナ」は訪問者と従事者など11人が追加で確定され、累積で28人が感染した。大邱市西区の「大邱イエスチュンシム教会」は信徒10人を含む12人が追加で確定され、計22人が感染した。地域別では大邱市20人、仁川市1人、全北地方1人などだ。京畿道抱川市の「チュサン初等学校」も確定者が1人増えて16人になった。

    中央事故収拾本部のソン・ヨンレ戦略企画班長は、「いまは防疫当局のコロナ19の追跡と抑制の状況と比較して、感染の伝播速度が若干速い状況」だと評した。一方、政府はこの日に「コロナ19の治療薬・ワクチンの開発、政府支援委員会」会議を開き、企業の臨床試験を支援するための方案などを議論した。また、コロナ19ワクチンを確保するためのワクチン供給機構である「コバックスファシリティ」にワクチン1000万人分の先入金850億ウォンを支払い、2000万人分はグローバル企業と交渉中だと明らかにした。
  • 毎日経済_チョン・スルギ記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2020-10-30 17:34:24