記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
HOME > 韓国Q&A

  • Q.
    SBSのバラエティ番組『次から次へと続く話』で脱走犯について教えてください(上)
  • A.
    シン・チャンウォンとチ・ガンホン。
    韓国現代史に記録された2人の脱走犯です。チ・ガンホンは「有銭無罪、無銭有罪」(お金(権力)が有る者は無罪になり、. お金(権力)が無い者は有罪になる)と叫んで死に、シン・チャンウォンは韓半島全域に指名手配ポスターが貼られた中でも907日間の逃亡生活でシンドロームを起こしました。

    シン・チャンウォンは故郷の先輩後輩4人と一緒に強盗行為をしていたところ、主犯が被害者を殺害し強盗致死傷罪で無期懲役を宣告されました。

    幼い頃、母親を亡くした彼は小学校5年生の時、担任の先生から「お前、お金を持ってこないなら早く消えろ」と言われて闇の世界にのめり込んだそうです。家と学校が彼を犯罪者の道に追いやったわけです。

    • シン・チャンウォン



    1997年1月、釜山(プサン)刑務所から脱獄しましたが、抜け出た過程が映画に出てきそうなほど尋常ではありません。刑務官の信頼を得るために模範囚として過ごされ狭い場所を通るために15キロを減量しました。

    労役作業中に手に入れた小さなのこぎりの刃の切れ端でトイレの鉄格子を切り落としました。誰にも気付かれないように1日20分ずつ4か月にわたってのこぎりを引き、直径1.5センチメートルの鉄格子を2本切断しました。

    トイレの外壁にある換気口に乗って1階に下りてきました。それから刑務所内の教会新築工事現場の塀の下の凍った土を掘り出して工事現場に入って、そこで拾った綱に乗って外部に通じる工事現場のフェンスを越えて刑務所を抜け出しました。看守も同僚も全く気づかなかったというので神出鬼没に値します。

    刑務所を出た彼は500メートル離れた花卉農家から服や自転車を盗んだ後、4キロメートルを走って亀浦(グポ)十字路まで行った後、そこでタクシーに乗ってソウルに潜入しました。

    当然、全国に指名手配ポスターが配られました。しかし、捕まるようで捕まりませんでした。逮捕直前に警察をまいただけでも6回もありました。延べ97万人の警察官が動員されましたが、彼は2年6月間、逃亡生活を続けました。警察としては面目が丸つぶれでした。逮捕失敗の責任を問い29人の警察官が懲戒処分を受けましたが、総警以上の高い席に座っていた警察官10人も青天の霹靂に見舞われました。

    その間に懸賞金も上がっています。

    懸賞金5000万ウォン。当時としては小さなマンション一軒ぐらいは買うに値するお金で、これは2011年まで崩れなかった韓国政府樹立以来の金額でした。
    懸賞金が逮捕の障害になったりもしました。事前情報を入手した警察が手柄を立てようとして一人で逮捕しようとしたところ、銃まで取られた警察もいました。潜伏勤務をしていた刑事がシン・チャンウォンと同棲していた女性に性的暴行を加え、その事実が知られて拘束されたこともありました。

    通報を受けて出動し逮捕した警察が不注意な隙を狙って逃げたこともありました。警察は懸賞金を与えることができないと踏ん張ったが、最高裁判所まで行く訴訟の末、5000万ウォン全額をすべて受け取りました(シン・チャンウォンの懸賞金は2回支給されたことになります)。

    シン・チャンウォンは1999年7月、全南(チョンナム)順天市(スンチョンシ)のあるアパートで逮捕されました。
    逮捕当時、全羅北道(チョンラプクト)益山(イクサン)のあるカフェの女性従業員と結婚を約束し一緒に暮らしていた状態でした。彼女はシン・チャンウォンからもらったお金で順天のマンションを買いましたが、ガスレンジが故障して修理を頼んだことがばれてしまったのです。軍で情報部隊に勤めていた修理工*は、偶然シン・チャンウォンを見て、本当かどうかを確認するためにまたその家に入ったそうです。

    * 警察官になることを夢見ていた彼は、この情報で警察に特別採用されました。

    もしかしたらタトゥーが決定的な役割をしたのかもしれません。
    シン・チャンウォンは左腕と右足にバラの花、背中には鳥、鹿、ウサギのタトゥーがありますが、どんなに変装が得意でもタトゥーは消すことができないため、蒸し暑い夏にも長袖Tシャツを着ていたと言います。

    カフェの女性従業員と結婚を約束したように、逃亡期間中ずっと女性がいました。15人の女性が逃亡生活を助けましたが、一部は拘束されたりもしました。

    脱獄から10日後、彼は天安(チョナン)のある喫茶店でコーヒーを飲みましたが、女性従業員が「風邪」と言ったので、薬を買って渡したそうです。その後、好感を持った女性と自然に付き合うようになりましたが、彼女が正体を明かした後にも「今まで、どう過ごしていましたか?」と心配したというから、女に関する福一つだけは生まれ持ってたようです。

    好感の持てる容姿に金持ちの家を荒らし逃亡資金を集めている間にも寄付までしたのが、逃亡を助けてくれる女性ができた理由かもしれません。

    逮捕された後、シン・チャンウォンは無期懲役に22年6か月追加され、2.6平方メートルの独房に収監されました。10年5か月間、独房に隔離されたまま手首に手錠をはめなければならずテレビの視聴さえ制限されたまま暮らし自殺を試みたりもしました。

    余談ですが、「シン・チャンウォン猿」もいます。

    シン・チャンウォンが逮捕された年の1997年12月、釜山のある動物園で猿15匹が集団で脱出した事件が起きました。ほとんどそのまま捕まって動物園の檻に戻りましたが「チーター」と名付けられた猿は1年2か月間、釜山全域を徘徊しました。犬のご飯を盗み食いして、女性とお年寄り、子供をいじめてトラブルを起こしました。 動物園はこのサルに被害にあった人たちが問い詰めにくるので気が狂いそうだったそうです。かなり多くの警察官まで動員された末、1年2か月ぶりに捕まりました。逃げるのがうまいので「シン・チャンウォン猿」と名付けられたのです。

    また他の脱走犯チ・ガンホンについては次回紹介します。