記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
コラム > FOCUS

ムン大統領「南北鉄道の連結で21世紀のシルクロードを」

  • ◆ AIIB済州年次総会/済州AIIB総会開会式演説 ◆

    △写真=文在寅(ムン・ジェイン)大統領は16日、済州国際コンベンションセンター(ICC)で開かれたアジアインフラ投資銀行(AIIB)年次総会開会式に出席し、手をふりながら参加者と記念撮影をしている。高高度ミサイル防衛システム(THAAD/サード)配備による葛藤のなか、中国主導で作られたAIIBの2回目の年次総会が韓国を議長国として開催された点で注目された。前列左2人目から肖捷(シャオジェ)中国財務長官、金東兗(キム・ドンヨン)副総理兼企画財政部長官(総会議長)、ムン大統領、金立群 (ジン・リーチュン)AIIB総裁、元喜龍(ウォン・ヒリョン)済州島知事。 [済州=イ・チュンウ記者]

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領は16日、アジア地域のインフラ開発の専門家たちに南北を鉄道で結ぶ「21世紀アジアシルクロード」を提案した。古代シルクロードを通じて東西がつながって、市場が開かれて文化を交わした歴史を、韓半島の平和を通じて再び再演しようという趣旨だ。

    ムン大統領はこの日、済州国際コンベンションセンターで開かれた第2回アジアインフラ投資銀行(AIIB)年次総会の開会式に出席し、「途切れた京義線鉄道が治癒されていないことが韓半島の現実」だとし、「南と北が鉄道でつながるとき、新しい陸上・海上シルクロードの完全な完成が成されるだろう」と強調した。ムン大統領は続いて、「何よりも韓半島の平和がアジアの安定と統合に寄与することになることを願う」と参加者に関心を促した。

    ムン大統領は「今後、韓国はこれまでの経験をもとに、アジアの発展途上国と経済・社会の発展を共にする同伴者になる」とし、「発展途上国と先進国を接続する橋梁国家としての役割と責任を果たすつもり」だと約束した。

    AIIBはアジア地域のインフラ開発で経済発展を追求するために昨年、中国の主導で設立された多国間開発銀行だ。加盟国は総77カ国だ。中国ではなく、地域で総会を開催するのは今回が初めてだ。今後20年間の、アジアの発展途上国のインフラ投資需要は年間1兆7000億ドルに達すると推定される。

    ムン大統領は「いまや人類は政治、安全保障、経済、環境などさまざまな課題に直面した」とし、「アジア国家間の連帯と協力を通じて克服していくことができると信じている」と確信した。

    このような点からムン大統領は「AIIBが人と人をつないで、地域と地域をあわせて、現在を超えて、より良い未来を開くところに大きな役割を果たしてくれるだろう」と期待した。

    一方、AIIB年次総会で行われたインフラ関連の議論は、毎日経済と駐韓欧州商工会議所(ECCK)が共同で開催する「グローバル代替投資コンファレンス(GAII 2017)」で行われる。 GAII 2017は17日と18日の二日間の日程で、済州新羅ホテルで開かれる。

    18日のメインイベントでは、インフラ市場関連のセッションを中心に不動産、プライベート・エクイティ・ファンド(PEF)、保険会社の投資戦略などの代替投資全般にわたるさまざまなセッションが用意されている。
  • 毎日経済_カン・ゲマン記者/済州=ハン・ウラム記者/イ・スンユン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2017-06-16 22:21:51