記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
コラム > 総合

イム・スロンの事故当時の防犯カメラ映像が公開 追加調査中

    グループ2AMのイム・スロンが、無断横断していた歩行者を死亡させた中、あるメディアが道路の防犯カメラ映像を単独公開した。

    今月1日夜11時30分ごろ、ソウル市恩平区(ウンピョング)の横断歩道で赤信号を無視して横断していた50代男性Aさんが、イム・スロンが運転していた車にはねられ病院に運ばれたが結局死亡した。

    中央日報は5日、これと関連して約26秒の防犯カメラ映像の一部を公開した。黒い服を着たAさんが傘をさして道路を渡るために横断歩道を渡り始めた後、あるSUV車がAさんに衝突する。
    事故直前、車が来るのを確認したAさんがこれを避けるために高くジャンプする姿も映っていた。

    西部警察署側は「イム・スロンに対してはスピード違反など交通事故処理特例法に違反しているかどうかを調査中」と伝えた。

    飲酒運転などはしていないことが確認された。警察は事故直後、イム・スロンを立件して1回目の調査を終え、追加調査などを進める方針だ。

    イム・スロンの所属事務所であるJellyfishエンターテイメントは「死亡事故と関連して被害者の方に謹んで故人の冥福を祈り、遺族の方々に哀悼の気持ちを伝える。イム・スロンは流れに従って警察署で調査を受けた後、帰宅措置が取られた状態だが、心身に深刻な衝撃を受けている状況だ。詳しい内容は明らかにできないので、ご了承ください」と伝えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者 | 入力 2020-08-06 07:54:52