記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
HOME > 新造語辞典

  • タイトル
    チンタ:찐따
  • 解説
    ハングル:찐따

    ハングル発音:チンタ

    意味:集団への適応がうまくできなかったり行動が遅い人

    解説:チンタ(찐따)とは体の一部が完全ではないピョンシン(病身)とほぼ同じ意味で使われる言葉だ。

    1980年代までは、左と右の足の長さが異なり、歩くのに不自由だった人を指す言葉として使われた。だいたい小児麻痺の後遺症で足を引きずる人を卑下する言葉として使われたと見ることができる。

    しかし、20世紀末から集団への適応がうまくできなかったり、行動が遅い人を指す言葉として意味が多少変わった。

    チジリという言葉と意味が少し似ているが、厳密に区別するとしたらチジリは「上手くもないくせに偉そうなふりを人」である反面、チンタは「本質的に足りない人」だ。

    中高校生の間では、イルジンに殴られないためにパシリになっている子供をチンタと呼ぶ傾向がある。