パク・ソンヒョン…「ウェッジの魔法」が作った優勝


「今シーズンの試合結果は良くなかったが、うまくいくだろうという希望は失わなかった」。米プロゴルフ(LPGA)ツアー2年目のパク・ソンヒョン(25、KEBハナ銀行)は、2018シーズン8回目の大会で最終的に明るい笑顔を取り戻した。

パク・ソンヒョンは7日(韓国時間)、米国テキサス州ザ・コロニーのオールドアメリカンGC(パー71・6475ヤード)で開かれたLPGAツアー「ボランティア・オブ・アメリカ テキサスクラシック」最終日の第2ラウンドで、1イーグルと5バーディーをつかみ、ボギーは2つにとどめて5アンダー67を記録した。

トータル11アンダー131打を記録したパク・ソンヒョンは、リンディ・ダンカン(米国)の追撃を1打差で引き離しての今季初優勝であり、通算LPGAツアー3勝目を記録することになった。

個人的には昨年8月にカナディアン・パシフィック女子オープンで優勝した後、253日・約9ヶ月ぶりだ。パク・ソンヒョンはトロフィーを胸に抱いた後、「前の大会の結果が悪かったので困難な時期があったこともきれいに忘れた」とし、「昨年よりも優勝が早く決まってとても良いし、本当にとてもうれしい」という優勝の感想を残した。

暴風や強風などの悪天候のため、2ラウンド36ホールのゲームに縮小された今回の大会で、出場選手たちはみんなコンディションを調節するために苦労した。パク・ソンヒョンも「すべての選手たちが疲れたと思う。私もゴルフ場を行ったり来たりを何度もしたが、天候のために仕方ないと思ってたし、練習しながら感覚を失わないように努力した」と明らかにした。

もちろんハーフ大会として行われたが、優勝記録とともに賞金は有効だ。パク・ソンヒョンは優勝賞金19万5000ドル(約2億1000万ウォン)を手にした。

この日パク・ソンヒョンの優勝を導いたのは、洗練されたショートゲームだった。この日、最初のホールをボギーで出発したパク・ソンヒョンは、4番ホール(パー5)で劇的なイーグルを奪って雰囲気をうばい返した。パク・ソンヒョンは当時を思い出して、「びっくりした。落ちるポイントが良かったが、入るだろうとは思っていなかったがひとりでに吸い込まれていくのを見て、私も驚いたしキャディも驚いた」と振り返った。

続いてこの日、1打差で優勝を導いた18番ホールのバーディーもグリーン外のウェッジで作られた。 「難しいライだった。上り坂の後の下り坂だったし、スライスライだった」と説明したパク・ソンヒョンは、「58もウェッジで打ったけど、うまく当たって落ちるポイントも良かった。ついていたと思っていたし、入ってびっくりした」と明るく笑った。

今大会を控えてパク・ソンヒョンは、2つのことに焦点を合わせた。精巧なアプローチショットとパターだ。パク・ソンヒョンはLPGAとのインタビューで、「表面上は一貫して見えるように努力する方だ。しかし心の中ではかなり緊張した」とし、「今年はショットゲームが不足していることを知っていた。時間があるたびに練習した。だから良い結果を得ることができた」と語った。またパク・ソンヒョンは今回の大会を控えて、これまでのT字型パターの代わりに、手のひらほどのマレット型パターを持って乗り出した。そしてこの日、28パットで仕上げた。

もちろん昨年のパク・ソンヒョンはLPGAツアーデビュー後、初優勝を7月に開かれたメジャー大会のUS女子オープンで成し遂げた。今年はこれよりは少し早い時期に成したシーズン初優勝だ。しかし今シーズンの序盤、パク・ソンヒョンのコンディションは昨年と明らかに違った。

2017年LPGAツアーに第一歩を踏み出したパク・ソンヒョンは、メジャー大会のUS女子オープン優勝など2勝を収めて、LPGAツアー39年ぶりに新人賞と選手賞、そして賞金王まで同時に席巻した。もちろんLPGAツアールーキーとしては初めての世界ランキング1位まで上がって、相手がいなかった。

しかし「2年目のジンクス」からだろうか。 2018年のパク・ソンヒョンは、昨年とは全く異なる流れを見せた。先週に幕を下ろしたヒューゲルLAオープンまでの7つの大会に出場して予選落ちに2度遭遇し、「トップ10」はANAインスピレーションで共同9位となった。 7つの大会で得た賞金は9万6765ドルに過ぎなかった。ドライバーショットとアイアンショットの精度は、昨年よりも良くなった。問題はグリーン上に現れた。昨年、パク・ソンヒョンの平均スコアは69.35打で2位だったし、平均パット数は29.54で40位、グリーン的中時のパット数も1.76で9位だった。

しかし今シーズン序盤の7つの大会で、パク・ソンヒョンのグリーンヒット時のパット数は1.79で31位であり、平均パット数は30.67で115位にまで落ちた。当然、平均スコアも71.13打で30位。それですらも、今大会の優勝で平均スコアは70.69打、平均パット数は30.31にまで引き下げた。

パク・ソンヒョンの優勝で、韓国女子ゴルファーは3月のチ・ウンヒ(31・ハンファQセル)が優勝した後の5大会ぶりに優勝を追加し、合計「4勝」を合わせた。これとともに、韓国女子ゴルファーは雰囲気の反転にも成功した。

先に行われたメディヒール選手権では、ただの一人もトップ10に入れない不振を経験した。しかし今回の大会でキム・セヨン(25・未来アセット)が4位、シン・ジウン(26・ハンファQセル)が6位、 「新人王候補」コ・ジンウン(23・ハイト眞露)とイ・ミヒャン(23・ボルビック)が8位に上がるなど、韓国選手5人がトップ10に入ることに成功した。
  • 毎日経済_チョ・ヒョソン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-05-07 20:40:29