韓国兵務庁、芸能人などが入隊延期に利用してきた国外旅行の規定を強化


韓国兵務庁が兵役義務履行延期の手段として国外旅行許可制度が悪用されることを防ぐために25歳以上の兵役を終えていない者の国外旅行許可規定を強化することにした。

韓国兵務庁の関係者は8日、「これまでは25~27歳の兵役を終えていない者に対して1回につき1年以内で回数に制限なく国外旅行を許可してきたが、今年8月から1回に6カ月以内、5回まで許可する」と明らかにした。

現行の入隊延期の規定によると満25~27歳の兵役を終えていない者が1年以内の期間で国外旅行許可を申請すれば、兵務庁は審査を経て入営義務を延期してきた。また、このような国外旅行許可期間にも国内に滞在する期間が2カ月以上でなければ入営に対する心配をしなくても国内外で活動が可能だった。

そこで芸能人やスポーツ選手などが1年間の国外旅行許可を申請した後、外国を行き来しながら自由に活動する場合が多かった。

関係者は「例えば10日間以内の国外活動を理由に1年の国外旅行許可を受けることは、国外旅行許可制度を入隊延期の手段として悪用する事例と見ることができた」とし「これを考慮して1回の国外旅行許可期間を6カ月に制限した」と説明した。

国外旅行許可回数を5回に、合計の許可期間を2年に制限したことも無分別な入隊延期を防ぐための措置だ。

兵務庁の他の関係者も「今後も国外旅行許可を通じた入隊延期は可能だが、制度を悪用する事例は減少するものと期待している」と明らかにした。

兵務庁の今回の国外旅行許可基準の強化は頻繁な国外活動を理由に入隊を延期する芸能人やスポーツ選手などを狙ったもので、今回の制度の改善は昨年から施行に入った「兵籍別途管理制度」とも関連がある。兵務庁が特別管理する兵籍別途管理者は芸能人、スポーツ選手、高位公職者と高所得者の子供の3万4000人ほどだ。

これと共に満28歳以上の兵役を終えていない者が▲大学院進学 ▲兄弟同時現役兵服務 ▲民間資格証受験 ▲地域と機関の広報大使活動などを理由に入隊延期できないようにした。これにより28歳以上の芸能人などが大学院進学や機関広報大使任命などを理由に入隊を延期することも不可能になった。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2018-06-08 08:17:12.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved