プロ野球実況中継の「5G大戦」…この春開幕



冬の間は身を縮めていた野球ファンが笑う時期が近づいてきた。週末の来る23日、全国5つの球場で2019プロ野球KBOリーグが開幕するからだ。しかしプロ野球開幕を待つのはファンだけではない。 5G(第5世代)移動通信時代を控えているSKテレコムとKT、LGユープラスなど、移動通信3社もまたシーズンの開幕に合わせてホットなサービス競争に乗り出す。

スポーツは映画やゲームなどの他のコンテンツよりも生ム中継が重要なコンテンツだ。 4G LTEよりもネットワーク速度が20倍以上も速い5G通信環境は、さまざまな角度の映像や詳細なデータを伝達してくれることが期待される。既に2018平昌冬季オリンピックなどのイベントで見たように、選手が出場する時には前と後や横など、さまざまな角度からフォームを細かく観察し、得点状況が発生した時は放送局が選択した一つの映像だけを見るのではなく、複数の場所で撮影した映像を選んて見るという方式だ。これだけでなく、野球の投手と打者が向き合う時は画面上に、相手の戦績と投球・打撃分布などの詳細情報も同時に表示して見せることができる。

特にプロ野球は一年に800万人を超える観客が競技場に訪れるほど、十分に厚いファン層を保有しており、映像を作るには容易な種目としてあげられる。さらに移動通信3社はグループ社の次元では野球団まで保有しており、さまざまなマーケティングも進めることができる。

今年は中継という側面からも、移動通信3社により大きなチャンスが開かれた状況だ。韓国野球委員会(KBO)は先月25日、有線・無線(ニューメディア)中継事業者選定の入札で、ネイバーとカカオなどのポータルにKT、LGユープラス、SKブロードバンドなどが参加した通信・ポータルコンソーシアムを優先交渉対象者に選定した。提示した入札金額は5年間で総1100億ウォン(年平均220億ウォン)で、国内プロスポーツのニューメディア中継史上で歴代最大の規模を誇る。

チャンスを得ただけに、各キャリアもプロ野球中継を活用したコンテンツ作成に余念がない。

SKテレコムは今年、開幕前に「5GXプロ野球」を公開し、すぐさま中継に入る計画だ。プロ野球ファンのための多彩な開幕戦イベントやプロ野球の拡張現実(AR)ゲームなども準備中だ。いったん5G通信を通じてモバイル映像ストリーミングが進化すると、6Kや12Kにまで画質がアップグレードされる。 SKテレコムは競技場のあちこちでの生々しい姿を多様な角度で撮影し、立体的に競技場の状況を動画メディアポータル「オクスス」を通じて仮想現実(VR)で表示し、これまでにない豊富な野球の視聴体験を提供するという方針だ。モバイル伝送技術「Tライブストリーミング技術」を活用し、オクススで一歩はやい中継サービスを提供するという点も特徴だ。 SKテレコムの関係者は、「他のOTTサービスよりも数秒以上も速い野球中継サービス利用が可能だろう」と述べた。

KTもオーレtvモバイルアプリケーションの「プロ野球Live」専用館を用意してサービスを提供する。生中継中の映像の始点を変えながらお気に入りのシーンを詳しく見ることができる「プレビュー」、スタジアム内や観客席などのさまざまな視点の映像を提供する「オムニビュー」、打球の軌跡などを表示する「FTS(フィールドトラッキングシステム)」と「PTS(ピッチトラッキングシステム)」などが主な機能だ。微細粉塵で野球場への外出を躊躇するファンのためにも努力を傾けている。 KTの関係者は、「昨シーズンからktウィズの水原本拠地にモノのインターネット(IoT)を利用した微細粉塵低減システムを運営中だ」と述べた。

スポーツに大きな関心を払ってきたLGテレコムも、「U+プロ野球」サービスをさらに進化させる予定だ。まずは5Gと「スタジアムズームイン」機能が進化した。ズームイン機能によってリアルタイムに拡大して観戦しても、シームレスに高画質の映像視聴が可能だ。ホーム・一塁・三塁・外野などの競技場のすみずいを見ることができる「ポジション別映像」、ライブ放送中の最後得点の瞬間を返し見る「得点シーンのリプレイ」、毎日更新される投手・打者間の「対戦成績を比較」データもLGテレコムの特徴だ。

昨年、SKテレコムとKTの顧客も利用できるU+プロ野球サービスの体験アプリを作るなどで自信を見せてきたLGテレコムは、今年も5Gの商用化に合わせてアップデートを続けるという計画だ。

通信業界の関係者は、「プロ野球サービスは一試合だけ見ても3~4GBずつデータを消費し、移動通信事業者には嬉しいこと」だとし、「ネットフリックスやユーチューブなど他のプラットフォームがまだ参入できないリアルタイムスポーツ中継を通じて移動通信社は新たな収益源の模索に注力している」と述べた。
  • 毎日経済_イ・ヨンイク記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-03-19 19:17:26.0