60代女性、散歩中に土佐犬に噛まれ死亡…安山市


特別養護老人ホーム近くを散策していた60代の女性が、土佐犬に噛まれて死亡する事故が発生した。

10日の京畿道安城警察署によると、同日午前7時55分ころに安城市薇陽面(ミヤンミョン)の特別養護老人ホーム近くの歩道で、Aさん(62)が土佐犬に胸や尻などを数回かまれた。Aさんは病院に運ばれたが、5時間後の午後1時16分頃に死亡した。

Aさんを攻撃した土佐犬はこの特別養護老人ホームの院長Bさん(58)が飼っていた犬で、この日は犬を閉じ込めていた犬小屋の掃除のために扉を開けたところ、近くを通りかかったAさんを攻撃したことが分かった。この犬は3歳のオスで、体長は1.4メートルだ。

死亡したAさんはこの特別養護老人ホームで数年前から生活していたが、従業員なのか老人ホームの入所者なのかは確認されなかった。
  • 毎日経済デジタルニュース局
  • 入力 2019-04-10 17:42:41.0