米アトウォーター・キャピタル社…韓国法人を準備

韓国コンテンツが世界に広がるか 

  • Vania Schlogel CEO


米国ロサンゼルス(LA)のハリウッドで活動するコンテンツ投資専門プライベートエクイティファンド(PE)の「Atwater Capital(アトウォーターキャピタル)」が韓国に進出する。アトウォーター・キャピタルはスティーブン・スピルバーグやトム・クルーズなど、有名俳優・監督・作曲家などが所属する世界最大のエンターテイメント会社である「クリエイティブアーティストエージェンシー(CAA)」とともにコンテンツを選別する計画だ。特に韓国エンターテイメント産業の可能性を高く見ており、創造性もまた高く評価して海外進出国のうちで韓国を一番最初に選択した。

最近、訪韓して毎日経済新聞との単独インタビューを持ったアトウォーター・キャピタルのVania Schlogel(ヴァニア・シュレーゲル)代表(35・写真)は、「エンターテイナーたちの創造性の高い韓国に、多くの機会があると思う」とし、「ユーチューブなどでコンテンツ消費における国家間の境界が崩れただけに、韓国コンテンツ産業が全世界に広がっていく余地も無限だ」と語った。

ハリウッドで「ヴァニア」と呼ばれる彼女は、すでにエンターテインメント業界の「大手」で働いた経験を持つ。世界最大のプライベート・エクイティのコルボグクラッビスロバーツ(KKR)でコンテンツ分野の投資を統括しており、米国のヒップホップレーベルRoc Nation(ロック・ネイションの最高財務責任者(CFO)、レコード会社BMGの取締役としても活躍した。

アトウォーター・キャピタルはアジアと西洋の間の文化交流を念頭に置いて誕生した。動画ストリーミング業者のNetflix(ネットフリックス)が韓国で『キングダム』を製作して大ヒットを出したように、全世界で愛されるコンテンツを発掘するという計画だ。韓国人の母を持つシュレーゲル代表は、「私がLAで見た韓国ドラマの『ミスターションシャイン』を母の故郷である忠南の笠場面(イプチャンミョン)にいる母方の親戚も見る」とし、コンテンツ制作と流通はもはや特定の国や地域に限定されないことを強調した。

アトウォーター・キャピタルがその他のPEと異なる点は、コンテンツの発掘を共に行う有名な提携社があるということだ。 PEの中で唯一CAAとのパートナーシップ関係を結んでおり、共同で投資対象を検討する。また米国ケーブルテレビのAMC、スウェーデンに基盤を置くグローバル・ファンドのEQTなどと近い方だ。シュレーゲル代表の「実家」であるKKRとも最近、独メディアグループの買収・合併を共同で進めるなどコアネットワークを積極的に活用している。

特にトム・クルーズやスティーブン・スピルバーグ、メリル・ストリープ、ビヨンセなどが所属するCAAとのコラボレーションが目立つ。 CAAは『Game of Thrones(ゲーム・オブ・スローンズ)』『The Walking Dead(ウォーキングデッド)』『House Of CARDS(ハウスオブカード)』などを成功裏に出荷した。アトウォーター・キャピタルが成功可能性の高いコンテンツを選別して発掘するところに大きな支えとなっている。

最近、アトウォーター・キャピタルはジョセフ・リー(58、リー・バック)をアジア総括として迎え入れた後、韓国法人の設立を準備している。米国弁護士であるリー代表は、バンク・オブ・アメリカと興国生命などで投資専門家として知られた人物だ。韓国法人の役割について、シュレーゲル代表は「韓国コンテンツを全世界に、世界のコンテンツを韓国に紹介する架橋(Bridge)の役割を引き受けるつもり」だと語った。

アトウォーター・キャピタルは韓国で知的財産権(IP)とコンテンツ競争力を備えた投資対象企業をさがしている。主要な大企業だけでなく、コンテンツ会社を相次いで訪問しているのもこのためだ。その中でも映画部門で差別化された競争力を持ったところに関心を寄せている。

シュレーゲル代表は「韓国には音楽・映画・ドラマなど、全世界の人々が感動するほどのコンテンツが無数に多い」とし、「アジア市場ではまず中国に進出するほとんどのPEとは異なり、アトウォーター・キャピタルは韓国法人の設立から準備する理由だ」と説明した。

アトウォーター・キャピタルの現在の運用資産は1億5500万ドル(約1770億ウォン)で、ファンドの規模を持続的に拡大している。国内では投資業界の新興強者であるDS資産運用が350億ウォンをすでに出資し、この後は1000億ウォンまで出資を拡大する計画だ。

アトウォーター・キャピタルはファンドの規模が拡大しても、「コンテンツ専門」というアイデンティティを持ち続けていくという立場だ。コンテンツの主消費層である若者たちの興味がますます多様化するだけに、投資対象も大企業に限らず多彩に選択する計画だ。
  • 毎日経済_チョ・シヨン記者/カン・ウソク記者/写真=キム・ホヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-04-11 18:16:04.0