LG、日本「グッドデザイン賞」受賞の栄誉

「LG SIGNATURE OLED TV R」など 


LG電子は日本の最高権威のデザイン賞である「グッドデザイン賞2019」で、国内企業の中では最も多い19の本賞を受けた。

LG電子は4日、、日本デザイン振興会が最近に発表したグッドデザイン賞2019で、国内企業の中では唯一「ベスト100」に選定された「LG SIGNATURE OLED TV R」を含めて、LG SIGNATURE エアコン、LG SIGNATURE上冷蔵・下冷凍冷蔵庫、LG Cine Beam レーザー4K、LG Objet冷蔵庫、電子黒板などが受賞製品に名前を上げたと明らかにした。

ウィニアディムチェ(代表キム・ヒョクピョ)のキムチ冷蔵庫と炊飯器製品もグッドデザイン賞本賞を受賞した。日本のグッドデザイン賞は日本産業デザイン振興会(JIDPO)が主催する国際デザインコンペで、米IDEA、独iFデザイン、独レッド・ドット・デザインとならんで世界の4大デザイン賞に選ばれる。

ベスト100に選ばれた「LG SIGNATURE OLED TV R」は世界初のローラブルテレビで、革新的なデザインを備えているという評価を受けた。 OLEDの圧倒的な画質を維持しながら、視聴時に画面を広げ、視聴しないときは本体の中に画面を格納する。節制されたデザインを土台に、全体の外観はリアルアルミニウム、スピーカーには高級ファブリックブランド「クヴァドラ」の生地を採用して高級感のあるデザインを完成した。

  • 毎日経済_ファン・スンミン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-10-04 22:11:55