韓「日本が輸出規制を再検討」…GSOMIA終了延期


青瓦台(韓国大統領府)は23日、政府が22日に「韓日軍事情報保護協定(GSOMIA/ジーソミア)」終了に対する「条件延期」を決定した背景に対し、「日本が3品目の輸出規制措置の再検討とホワイトリストへの意向を見せたからだ」と明らかにした。

この日、青瓦台の核心関係者は記者らと会って「輸出規制措置を撤回する方案をどのように整えるかを議論するための、当局間の対話が復元されると思う」と言及した。

先立って青瓦台は前日、ジーソミア終了通知の効力を停止させて、韓・日間の輸出管理政策の対話が行われているあいだは日本側の3品目輸出規制に対する世界貿易機関(WTO)への提訴手続きを停止させるという政府の方針を発表した。

ただし日本は輸出規制を解除する日限を決めておかなかったが、「だらだらと待つことはできない」とこの関係者は語った。

この関係者は「政府の判断に米国の立場がどれほど反映されたのか」という質問には、「ジーソミアは韓・日間の問題」だとしながらも、「理解を求める過程が必要で、同盟関係である米国にわが国の立場を積極的に説明した」とした。
  • 毎日経済デジタルニュース局 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-11-23 17:34:44