韓、日政府・報道に深い遺憾…「GSOMIA延期を歪曲」


青瓦台は24日、「韓日軍事情報保護協定(GSOMIA/ジーソミア)」終了を条件付きで延期することを決定したことと関連し、日本政府と日本メディアが事実を歪曲していると強力な遺憾の意を示した。


鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台国家安保室長(写真)はこの日、「韓アセアン特別首脳会議」が開かれる釜山プレスセンターで記者らと会って、「ジーソミアの延長と日本の輸出規制撤回と関連して、韓・日両国の合意発表を前後した日本側の一部の行動に深い遺憾を表するしかない」と語った。続けて「これからこのような行動が繰り返されるならば、韓・日間の交渉の進展に大きな困難をともなうであろうと憂慮する」と述べた。

チョン室長は「一方がとんでもない主張で相手を刺激する場合に、どのような行動をとるかわからないときに使う『Try me』という英語表現があるが、その表現を日本にしてみたい」と語った。この表現は「やれるならやってみろ」という意味で使う言葉だ。

チョン室長は「『韓国が米国の圧力に屈した』とか『日本外交の勝利だ』『パーフェクトゲームだ』のような主張など、全く理に合わない主張を自分のように行う牽強附会」だとし、「日本のこのような一連の行動は、外交交渉における誠実の原則に反するものだ」と批判した。産経新聞は23日、日本政府の関係者が「ほぼこちら(日本)のパーフェクトゲーム」と語ったと報じた。

青瓦台は異例の強硬なトーンで日本側を批判した。マスメディアの報道で伝えられた安倍晋三首相までを露骨に批判した。

この日、青瓦台の関係者は記者らと会って、安倍首相が「日本は何も譲歩しなかった」という発言に対して、「マスコミに報道された安倍首相の発言が事実であれば極めて失望」だとし、「日本政府の指導者として、果たして良心を持って行える発言なのかを問わざるを得ない」と指摘した。この日の朝日新聞はジーソミアの条件付き延期の決定直後、安倍首相が周囲の人々にこう言ったと報じた。

チョン室長はジーソミア終了延期が条件付きであったことを想起させ、再び終了させる可能性までを示唆した。チョン室長は「日本政府の指導者の格別の協力を望む。ジーソミア終了通知の効力とWTO提訴の手続き停止の決定はすべて条件付きであり、暫定的だ」とし、「今後の交渉で、すべては日本の態度にかかっている」と強調した。
  • 毎日経済_釜山=パク・ヨンボム記者/キム・ソンフン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-11-24 23:59:36