Q.韓国でドラマ化されたウェブ漫画:「匂いを見る少女」の原作「匂いを見る少女」

답변게시판
A.
17歳の女子高生ユン・セアは特別な能力を持っています。

匂いを見ることができるんです。

映画を見に行って、観客のありとあらゆる汚い臭いに目を開けられなくなるほどです。そのとき、火災が発生して劇場を覆った亜硫酸ガスを見ることになります。気を失いそうになりましたが、ガスの流れを見たおかげで脱出口を見つけました。

セアは研究室で起きた爆破事件で両親を亡くした後、嗅覚細胞を失くして、右目にも火傷を負いましたが、おかげで匂いを見ることができるようになります。

見たくなくても匂いが見えるので、いつも香水を持って歩いては撒くため学校の友達からは「灰皿」だとからかわれるでしょう。

セアの能力を厳密に言えば、匂いを構成する揮発性微粒子を見ることですが、アスファルトに撒かれた少量の液体でも人の行方を追跡でき、判別することができる匂いの種類は10万個に達します。

火災が起きた映画館に行って匂いを見る少女と一緒に屈辱を受けた若造の巡査がキム・ピョンアンがいます。

ピョンアンは最初はセアの能力を信じていませんでしたが、セアの能力が捜査の盲点を掘る能力だと悟った後、セアが危険に陥らないように気をかけます。

とにかく2人はペアを組んで、日常の小さなできごとから強力事件まで解決します。

セアの最大の敵はブラジルに本拠を置く麻薬組織MF6。この組織のボスアルファはセアの父親が特定の粒子を検出する機械を開発するというニュースを聞いては、親を殺した敵でもあります。韓国で麻薬「ペーパー」取引で勢力を拡大する中でしたが、セアが組織の情報のほとんどを調べ、警察に流しながら壊滅します。

作家マンチュイがOlleh Marketに連載したこの作品は、SBSでドラマとして制作され、2015年4月から5月末まで16部作で放送されました。

  • < SBSドラマ『匂いを見る少女』。感覚男女にタイトルを変えたが元のタイトルに戻した >

ドラマはウェプトゥン(ウェブ漫画)で両親が犯人に殺された女主人公が匂いを見る超能力が生じたという点など、いくつかのことを除けば異なります。主人公の性格もウェプトゥンとドラマでは完全に違いますね。ただ匂いを見るという超能力だけをウェプトゥンから借用したと見るのが正しいでしょう。

ドラマで匂いを見る能力を持った少女役を演じた女優はシン・セギョン。missAのスジが有力でしたが、アルバム活動と重なって降板しましたよね。

ヒロインと一緒に事件を解決し、甘いロマンスを繰り広げる巡査役はパク・ユチョンが引き受けて演じました。

*ウェプトゥンはKTOONで見ることができます。一部は無料で、一部は有料で購読できます。
  • Lim, Chul
  • 入力 2018-01-09 00:00:00.0

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄