Q.ユン・ウネが今でも叩かれる衣装盗作疑惑とは何ですか。

답변게시판
A.
ユン・ウネ(尹恩惠 / 1984.10.3)は非常に若いときにデビューしました。

1997年にデビューしたガールズグループBaby V.O.Xに1999年に合流した最も若いメンバーでした。Baby V.O.Xは1枚目のアルバムへの反応が芳しくなくあまり知られていませんが、実はS.E.SやFin.K.Lよりデビューが早い1世代のガールズグループです。

「歌謡界の女戦士」というニックネームを持つBaby V.O.Xにユン・ウネが合流するころ、彼女は中学3年生でした。デビュー2年前に製菓会社ピングレのお菓子の広告に出演したこともありましたが、セクシーをメインコンセプトにするグループのイメージとは多少距離がありました。

しかし幼く可愛いユン・ウネを応援する熱心なファンを確保していきました。

メンバーたちにとっては思い出したくもない物議でチームが解体した後、他のメンバーと同様にユン・ウネも演技者へと転向しました。

コミカルなミニドラマ『屋上部屋のクロンイ』で演技生活を始めたユン・ウネは2007年MBCドラマ『コーヒープリンス1号店』で男装する女性役を引き受けて、深い印象を残しました。彼女が演技者に変身して最も成功したガールズグループのメンバーに選ばれるほどでした。

『コーヒープリンス1号店』とそれに先立ち出演した『宮 -Love in Palace-』(MBC、2006)、『ぶどう畑のあの男』(KBS、2006)が中華圏と東南アジアで好評を得ながら自然と中国に進出することになります。

2013年に中国のポータルサイトに掲載された俳優たちの人気ランキングでランキング20位以内に入った韓流スターはユン・ウネが唯一でした。当時、日本にチャン・グンソクという韓流スターがいたとしたら、中国の韓流スターはユン・ウネだったと言っても過言ではないほどでした。中国の芸能雑誌の表紙モデルになったこともあります。

衣装盗作騒動も中華圏でユン・ウネの人気が熱かったころに発生しました。

ユン・ウネは2015年8月に出演した中国のファッションサバイバル番組『女神のファッション』で自分がデザインしたと披露した衣装が数十億ウォンで落札され1位となります。学生時代に美術を学んだユン・ウネは絵の実力に優れ、衣類ブランド「JOINUS」のモデルとして活動する当時は直接デザインした服が発売されたこともありました。

  • 上はユン・ウネが作ったもの、下はモデルのチャン・ユンジュがユン・チュンホデザイナーのコレクションを着ている姿。両方とも袖にフリルの装飾がされている白いコートだ



しかし番組終了直後、中国のバイヤーから連絡を受けたファッションデザイナーのユン・チュンホが「自分のコレクションを盗作した」と疑惑を提起しました。

ユン・ウネの所属事務所はこれに対抗して「盗作ではない。ユン・ウネの名前でノイズマーケティングをしないでほしい」と対抗しました。しかし同年9月7日、韓国のファッションデザイナー連合会側が「盗作だ」とユン・チュンホを支持したうえに、ユン・ウネが披露した他の衣装も海外ブランド品をコピーしたという疑惑が追加で提起され、あらゆる非難を受けました。

  • 左から2番目がBCBG Max Azria、4番目はドルチェ&ガッバーナ 2015 F/Wコレクション

衣装盗作疑惑とは別に「女神のファッション」に出演した中国俳優が「この番組はすべて捏造されたものだ。合作することにしたデザイナーが、まるで代理試験を受けるようにすべてを完成させた後、スターたちが作ったかのようにショーをする番組」と露骨に非難、四面楚歌に陥っています。

ユン・ウネと所属事務所が説明するたびに不十分だなどの非難ばかりが押し寄せました。彼女の代表作である『コーヒープリンス1号店』になぞらえ「コピープリンス」という汚名まで聞くようになりました。

盗作疑惑に対するユン・ウネの対応に問題の素地があったのは確実に見えます。おそらく今日の彼女を在らしめたBaby V.O.Xが先輩ヒップホップ歌手イ・ハヌルの暴言と前後を選ばないイエロー・ジャーナリズムの「盗作疑惑」記事により解体したからだったのかもしれません。

2006年、米国レーベルのBungalow MusicがBaby V.O.Xの所属事務所DRミュージックと合意して共演作品として2PACの未発表音曲の『Xcstasy』がBaby V.O.Xの7枚目のアルバムに収録されることになりました。『Xcstasy』はタイトルが扇情的だという理由でSBSで『幻想』へとタイトルが変更される屈辱を経験しました。しかし激しく反発した勢力は韓国のヒップホップ歌手たちでした。ガールズグループがヒップホップの伝説的な歌手、2PACの曲を歌ったこと自体が彼らには侮辱的だったようです。

暴力による前科が4犯のヒップホップ歌手イ・ハヌルはゲストとして出演した番組でBaby V.O.Xを非難しましたが、『Xcstasy』をプロデュースしたFloss Pが反論するとBaby V.O.Xに向かって数々の暴言を吐きました。

イ・ハヌルとDRミュージックが訴訟をするしないと争う中で、Baby V.O.Xのメンバーは完全に疲れてしまいました。放送に出演しようと待合室にいる間に誰かがこの件でなげかけた冗談も彼女たちには短剣となり胸に突き刺さりました。さらに、一部のメディアは2PACの曲を盗用した、盗作してないなどの確認されていないデマを報道しました。先輩歌手の非常識な言動、所属事務所のありえない対応、イエロー・ジャーナリズムによるゴミのような報道に疲れたメンバーはBaby V.O.Xを脱退してしまいました。

メインボーカルのカン・ミヨンがH.O.Tメンバームン・ヒジュンと交際したと殺害の脅しを受けるほどアンチファンに苦しめられたBaby V.O.Xは全盛期を謳歌することもできずに解体することになりました。このような記憶、無念だった盗作への非難がユン・ウネを防御的に構えさせたのではと思います。

ではユン・ウネの所属事務所が主張したノイズマーケティングには根拠があるのでしょうか。

盗作疑惑を提起したユン・チュンホがデザインした衣装は中国と香港に輸出され、デパートやセレクトショップで売られていた状態でした。ユン・ウネが大賞を受けた衣装はショッピングモールで定価1129元(20万8千ウォン)、割引価格565元で売られていたので、打撃を受けたのかもしれません。盗作疑惑が知られて販売量が増えたことはあったかもしれませんが、ショッピングモールの低価格攻勢に負けたということもあるでしょう。(盗作疑惑を受けた服を売っているという理由で非難されることはありましたが)

それではユン・ウネが本当にユン・チュンホのデザインを盗作したのでしょうか。

一見すると盗作のようにも見えますが、もともと服というのは似通っているものです。ほぼ同じようにコピーた服もおび​​ただしく存在します。

下にユン・チュンホ側の立場とユン・ウネを擁護するファンの反論内容を一緒に紹介します。

・ユンチュンホデザイナー側の盗作疑惑の根拠

コートというアイテムがベース、オーバーサイズのコートのシルエットが同じで、フリルの形、ボリューム、長さ、袖に付着した位置、肩のパターンがドロップされる形態が類似している。

・ユン・ウネのファンの反論

ラッフルやコートや衣装では誰もが使うクリシェ(Cliché、よく使われる素材)だ。したがって盗作疑惑を裏付けるためには、まず自分の服が独創的であるという点を証明しなければならない。ユン・ウネの作品が誰のものも参照せずには決して作り出すことのできないレベルのデザインであることも明らかにするべきだ。2つの作品に使用されたラッフルを細かく見ると、異なっている。コートの形もユン・チュンホの作品はボタンが付いたダブルコートだが、ユン・ウネの服はシングルタイプの隠しボタンが付いたコートだ。ファッション協会の関係者も協賛を受けた服からコピーしたと判断して、盗作だと断定してしまったが、問題の服と協賛を受けた服は何の関係もない。(この反論の内容がある程度の説得力を持っているが時期的に遅すぎた。もちろん見た人も多くはない)
  • Lim, Chul
  • 入力 2018-08-07 00:00:00.0

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄