Q.「PRODUCE X 101」のバトルに挑戦するグループ編成はどのように決めますか?

답변게시판
A. 町で子供たちがグループを分ける時もこのようなことがあります。賢くて、運動が得意で、頼りがいのある子を味方にするために努力するでしょう。子供が2人で飛びかかっても、びくともしない子を欲しがるのは仕方がないことです。

『PRODUCE』シリーズのバトルでは、常にこのことが問題点として挙げられました。才能のある 練習生を一つのグループにまとめて、相対的に才能がない出場者などが集まったグループと戦わせているという指摘も受けました。

1~2次評価を経る間、いや評価前から目にぱっと入ってくる練習生がいるものです。そのような練習生だけを集めてグループを構成するならば公正性と公平性が落ちるという非難は免れにくいでしょう。

Mnetは『PRODUCE X 101』を企画しながら、このような非難をある程度受け入れた感じです。 グループ編成にかなり念を入れたようにも見えます。

1~2次等級審査を終えた後、練習生の等級が決定しました。そして予想通り(?)X等級の練習生は、ほとんどがレベルが上方修正されてキャンプに合流することになりました。

最終等級のレベルを見ればAクラス15人(最初16人)、Bクラス18人(23人)、Cクラス21人(22人)、Dクラス22人(18人)、Fクラス22人。

Fクラスの後に、なぜ括弧( )がないですかって?最初の評価の時もなかった等級だからです。キャンプに合流できないX等級の練習生を回復させるために空けておいたようです。(Gost所属のイ・サンホンは残念ですが、X等級から救済されなくて退所になりました。練習生期間が5ケ月なので、もう一度挑戦する機会があるでしょう)

等級がそれぞれ違うのに、どうやって8グループに分けましょうか?等級別に8で分けることもできないので、なんとか合わせても損する感覚を完全に消すことは難しいでしょう。

主催側はひとまず抽選で7人の練習生を選びました。12~14人の練習生を指名するいわゆるグループ長です。指名者として選ばれた練習生はソン・ドンピョ(A等級)、クム・ドンヒョン(C)、チュ・チャンウク(B)、ユン・ヒョンジョ(F)、クォン・テウン(F)、アンジャルディ・ティモテ(F)、キム・グァヌ(D)。指名者に選ばれた練習生の等級を見るとF等級が最も多いです。

7人の指名者が自分が欲しい練習生を選んだ後、残りの練習生は自動配置されます。言ってみれば指名されなかったグループです。自動配置されたグループには12人の練習生が含まれていますが、B等級が2人、D等級が2人にF等級が8人もいます。多分このグループで最後まで生き残る練習生がいるのか、他の人々が見ても未来がまっ暗でしょう。

* NU'EST-W は選ばれなかった練習生が集まったグループ。徒競走をしたパク・シオンが高い音程の曲で負担に思われているNU'EST-Wを選んだせいで、より一層憂鬱な雰囲気になりました。

バトル方式の選定はグループ編成だけでは終わりません。
8つのグループが構成された後、各グループの代表が徒競走を通じて自分がバトルしたいボーイズグループを選択します。その後、グループごとに2チームに分かれて選択したボーイズグループの曲でバトルを行います。

このような過程を経てEXOグループのMAMAチームとLove Shotチームがバトルを行いました。


Love Shotチームのバトル姿と最も多い票を得たキム・ウソク

現場投票では、Love Shotチームの圧勝。844票の中で517票を得たし、サブボーカルのキム・ウソクは一人で210票を集めました。メンバーの知名度が高くてクムベンジョスというあだ名がついた上に、バトル曲まで有利な方だったので、ある程度予想された結果でした。

バトルの勝利は票と直結しています。勝利したチームは、メンバー全員がベネフィット(benefit) 3000票をもらって、最も多い票を得た練習生は自分がもらった票数の10倍を追加でもらいます。この日のバトルでキム・ウソクは自分がもらった210票に、バトルに勝利してもらったベネフィット3000票、ここに追加ベネフィット2100票を合わせて5310票を得たようです。

グループバトルが終われば粛清作業が行われる予定です。現場投票とオンライン投票、ここにベネフィットの点数まで加えて60位までが生き残ります。だからバトルで負けたとすればオンラインの票を集める方法を考えなければなりません。61位でギリギリ惜しくも脱落した練習生にXの最後の希望がありますでしょうか?そんなことは決してありません。
  • Lim, Chul
  • 入力 2019-05-23 00:00:00.0

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄