Q.韓国の伝統酒マッコリの種類について教えてください。

답변게시판
A. 近くにあるスーパーに行ってマッコリを買おうとすると、少し迷ってしまいます。マッコリがたくさん並んでいるため、何を買おうか?悩んでしまうのです。

数多くのマッコリの中で少し変わった種類だけを先に紹介します。
・江華(カンファ)故郷人参(コヒャンインサム)マッコリ:マッコリの原液に高麗人参のエキスを10%程度添加したマッコリです。
・加平(カピョン)チュシラクペマッコリ:梨の果汁が入ったマッコリ。清涼感があるため外国人や女性が楽しんで飲みます。 ここでは、木苺の果汁が添加されたマッコリも作っています。(加平の特産品である松の実を添加したマッコリもあります)
・高陽(コヤン)ペダリマッコリ:炭酸が入っていますが、シュワっとする刺激はなくてなめらかな反面、やや酸っぱい味がします。他のマッコリに比べて浮遊物が結構多く、度数は7度とやや高めです。
・京畿道広州(キョンギド、クァンジュ)サムマッコリ:山参成分が入ったマッコリです。
・楊平(ヤンピョン)チピョンマッコリ:最近浮上したマッコリで牛乳のようにきれいな白色で、適度な炭酸にほのかな甘みが加わった絶品です。
・抱川(ポチョン)ヌリンマウルマッコリ:別途の添加剤を入れていないにもかかわらず、なぜかバニラの香りがします。
・華城(ファソン)セセクシマッコリ:ぶどうを入れたマッコリです。

・江原道(カンウォンド)カンネンイヨッスル:トウモロコシを材料にした農酒。 江原道では地域の特産品である松茸、コンドレナムル、ツルニンジン、クズ、オレンジ、ブルーベリーを入れたマッコリも作っています。
・丹陽(タニャン)小白山黒豆(ソペクサンコムンコン)マッコリ:添加物として黒豆を使ったマッコリ、とろりとした食感を誇っています。
・公州(コンジュ)アルバムスル:特産品である栗を添加したマッコリで、とても香ばしく、栗特有の甘みがあります。
・唐津(タンジン)白い蓮華の花、白蓮センマッコリ:地域で生産された米と白蓮の葉を入れて発酵させたマッコリです。
・青陽(チョンヤン)チルガプサン・チルジャンジュ:白米、もち米、麦、クコの実、ヤブラン、唐辛子など7つの材料を原料にして作ったマッコリ。
・釜山(プサン)クムジョンサンソンマッコリ:米でお酒を作ることを禁止した1960年代にも密酒の形で生き残ったマッコリ、以降民俗酒1号に選定される栄誉を得ましたが、釜山では見当たりません。
・統営(トンヨン)サンニャンセンマッコリ:米と小麦を混ぜたマッコリに穀物を入れて発行させるため、特有の甘みがあります。
・完州(ウォンジュ)クジポンタクジュ:2010ワールドカップ16強の代表に選ばれたマッコリで、名前どおり桑の葉の成分が入っています。
・井邑(ジョンウプ)ソンミョンソプマッコリ:無形文化財、宋明燮(ソン・ミョンソプ)さんが自分の名前を掲げて作ったお酒です。一切の添加物や甘味料を加えず、伝統的な作り方で作られたマッコリです。
・咸平(ハムピョン)チャヒヒャンセンタクジュ:お正月の餅を麹と一緒に発酵させたお酒にもち米、強飯と黄菊の花を加えて作ったマッコリ。
少しだけ紹介しましたが、添加物が違うだけで、全部同じような感じもするし、全く違うお酒みたいでもあるため、よく分からないでしょう?確かに、飲んでみないと味は分かりません。言葉や文字で説明をして味が感じられるわけでもないです。

マッコリは本来の姿を失いました。マッコリに甘い味がするのもそうですし、何よりも貧しい庶民たちが辛い一日を過ごしてから、一杯注いで、ピンデトックをおつまみとして飲んでいたその姿がなくなったという話です。

マッコリがこのように変わったのは日本の影響も大きいです。
通貨危機以後、値段が安い、マッコリブームが起きて、すぐに消えましたが、2010年を前後して、韓流ブームが始まったおかげで日本でマッコリブームが起きたため、韓国内の消費も刺激しました。伝統酒を作る職人もマッコリブームは日本のおかげだと評価するほどです。

マッコリが日本の輸出船に乗り始めたため、地域ごとに特性を生かしたマッコリを作り、高級化戦略でもち米、そばなど様々な材料で作られ、マッコリの種類が増えたのです。

マッコリの値段が、普通700ミリリットルに対して1,000~1,500ウォン位しますがが、4,000~5,000ウォン台もあり、弁護士出身が作った高級マッコリは1瓶当たり10,000ウォンもします。これくらいの値段なら、農夫たちが畑を耕してのどが渇いた時、陣地工事を行っていた兵士たちが日陰で休み、背中に荷物を背負っていた労働者たちが流した汗を拭きながら飲むお酒ではありません。

余談ですが、マッコリはピンデトックと共に雨の降る日には、一杯ひっかけたい気持ちになるお酒です。豚の皮、豆腐、どんぐりこんにゃくともよく合いますが、ピンデトックはマッコリと天生縁分(天が定めた縁)であるほど相性が合います。

しかし、最近高級化したマッコリは、おつまみを選びません。肉を食べながら飲むと、たんぱく質を過渡に摂取して生じる炭水化物不足現象も解決できます。パスタと一緒に飲むマッコリ専門店もできました。
  • Lim, Chul
  • 入力 2019-10-01 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄