記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > スターフォーカス

2PMチャンソン「活動と私生活にギャップ…その部分はコ・グィナムと似ている」

    歌手から演技者へと活動領域を広げて、ゆっくりとフィルモグラフィーを築いているチャンソン(28)。彼は最近最終回を迎えたtvN水木ドラマ『キム秘書がなぜそうか』で時にはコミカルに、時には切ないキャラクターを表現して視聴者から好評を博した。毎日経済スタートゥデイが最近、ソウル市城東区のカフェでチャンソンと会って彼の演技生活と所属グループ2PMの話を交わした。

    「『キム秘書がなぜそうか』は別れるのがとても名残惜しいドラマです。愉快で良い作品であり、現場でもとても楽しく遊んでいたら終わったといった感じです。現場で楽しく撮影していて、途中からは放送も楽しんで見ました。良い思い出として長く残ると思います。また、一緒に撮影した俳優の方々とも情が深まりました。みんな良い方なので、これからもずっと会うような気がします」

    チャンソンは『キム秘書がなぜそうか』で能力も1位、社内人気投票も1位の完璧主義者のコ・グィナム役を引き受けた。

    しかし、彼には裏の顔があった。ワーカホリックだと有名だったが、実はけち臭い倹約家だったのだ。グループ2PMとしてデビューして「野獣ドル(野獣+アイドル)」と呼ばれ、ステージの上で素敵な姿ばかり見せてくれたチャンソンは今回の作品を通じてコメディ演技を披露した。「(コメディ演技に対する)負担はありませんでした。こうしたら面白いだろうと頭の中でシミュレーションを何度もしながら演技をしました。そのような過程が僕には楽しく感じられました。運が良かったのか、とても良いキャラクターに会えた気がします。主演俳優のキャラクターではないのに、これほど多面的なキャラクターに会えることはなかなかありません(笑)」

    チャンソンはコ・グィナムと似ている部分があるのか​​という質問に「僕が活動する時と家にいるときの生活、コ・グィナムが会社にいるときと屋上で過ごす生活。その乖離感から来る感情の接点はあるようです」と考えを明らかにした。続いて彼は「僕の想像の中で考えていたものよりも少し誇張してコ・グィナムというキャラクターを演じました」と伝えた。では、チャンソンがコ・グィナム役を演じながら最も難しかった点は何だろうか。

    「中間点を見つけることが難しかった。オーバーしたらどこまでも無礼な人物になりそうだったし、だからと節制しすぎると中途半端なキャラクターになりそうでした。だから中間地点で憎らしく演技をしてみようと考えて作品に臨みました。そのような部分を視聴者の方がよく見てくださって幸いだったと思います」

    『キム秘書がなぜそうか』は放送中、地上波の水木ドラマを圧倒する視聴率と話題性を呼び集め、オンライン・オフラインを掌握していた。最高視聴率は11話が記録した8.7%。チャンソンに『キム秘書がなぜそうか』がこれほど人気を得ると思っていたかと尋ねると、「そのような考えは全くなかったです」という回答が返ってきた。それと共に彼は作品に出演することになったビハインドストーリーも明らかにした。

    「最初は原作が面白くてやりたいと話しました。ところがコ・グィナムというキャラクターが原作で70話以上のなかで2度ほどだけ登場していました。間違ったら特別出演になるぞと思いました。だからお金を節約しようと鉄壁を張る男というアイディアを出したところ、監督が喜んでくれました。ほかにもいくつか提案したら監督が僕にキャラクターを書いて来るように言われました。返事をいただけなかったので、気に入らなかったのかなと思ったのですが、台本リーディングの日に面白く読んだと話されたんです。反映されることになって僕も気分が良かったです(笑)」
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 / 写真=JYPエンターテイメント | (C) mk.co.kr | 入力 2018-08-12 05:01:02