記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

Wanna Oneから脱落させられたメンバーはNU'ESTのJR?

    NU'EST JR(本名キム・ジョンヒョン)が「Wanna One脱落メンバー」なのではという憶測が飛び交い、真相に関心が寄せられている。『PRODUCE 101 シーズン2』の不正問題の中、ネットユーザーたちは誰がやらせメンバーなのか、そして誰がそれによる被害者なのかに神経を尖らせている。

    6日、ネイバー、ダウムなど各種ポータルサイトのリアルタイム検索キーワードには「Wanna One不正メンバー」と「キム・ジョンヒョン(JR)」の名前が登場した。前日、韓国の検察が国会に提出したMnet「PRODUCE 101」シリーズの投票結果不正改ざん事件の公訴状を介してシーズン2でも不正が行われ、これによりWanna Oneのメンバーが投票結果とは異なる構成になったという事実が明らかになり、これにより被害を受けた練習生としてJRが言及されている。

    JRは2017年に放送された『PRODUCE 101 シーズン2』当時、放送期間中高い成績を維持したのはもちろんのこと、最終決選ラウンドまで成績を維持してデビューが有力視されていた状況だった。

    しかし最終発表直前まで1位だったにも関わらず最終的に脱落しており、当時もネットユーザーの間で諸説が行き交っていた。

    惜しくも『PRODUCE 101 シーズン2』を終えた後、JRはもとの所属グループであるNU'ESTへと戻り、NU'EST Wとして活発に活動した。また2018年12月にWanna Oneとしての活動を終えてチームに復帰したファン・ミンヒョンまで加勢した現在では、NU'ESTのメンバーとしてファンと大衆の大きな愛を受けている。

    一方、検察の公訴状によると「PRODUCE 101」シリーズの制作を総括したキム・ヨンボムCPは『PRODUCE 101 シーズン2』のオンラインおよび生放送メール投票結果のなかからA練習生の得票数を不正に改ざんした。検察はA練習生が最終的にデビュー組みの上位11人に含まれていたが、結果を改ざんして11位内から外したものと把握した。キム・ヨンボムCPは11位の圏外にいたB練習生の順位をデビュー組みに含まれるように上げた後、不正に改ざんされた結果を放送したことが分かった。結果的にA練習生はデビュー組選抜から脱落し、B練習生はデビュー組に含まれWanna Oneメンバーとして活動した。

    このようなニュースが伝えられ、2017年の『PRODUCE 101 シーズン2』側が公式フェイスブックに写真を誤って掲載した事件も再び注目されている。当時『PRODUCE 101 シーズン2』側は「これまで見てくださったすべての国民プロデューサー様ありがとうございます」というコメントと一緒に最終デビューメンバーのポスターを掲載した。この写真には、キム・サムエル、カン・ドンホ、JRの姿が含まれており物議になった。

    しかし、制作陣はすぐに写真を修正した後、「午前3時20分にアップロードされた写真について、フェイスブックの運営が誤って混乱を与えた点をお詫び申し上げます。このコンテンツはサンプルとして作られた画像であり、すぐに修正しました。今後、ページ運営にさらに気をつけます。もう一度謝罪します」と述べている。

    Wanna Oneは『PRODUCE 101 シーズン2』を介して誕生したグループで、2017年8月にデビューし、2018年12月31日にプロジェクト活動を終了するまで熱く愛されたチームだ。最終的なデビュー組に抜擢されたカン・ダニエル、パク・ジフン、イ・デフィ、キム・ジェファン、オン・ソンウ、パク・ウジン、ライ・グァンリン、ユン・ジソン、ファン・ミンヒョン、ペ・ジニョン、ハ・ソンウン全員が熱い人気を享受したチームで、彼らはプロジェクト活動後もソロなどで活動して変わらない人気を博している。

    すでに活動を終えて解散したグループであるだけに、最初『PRODUCE 101 シーズン2』事態が浮き彫りになった後も表情管理を行ってきた彼らだが、シーズン2も不正を通じてデビュー組が選抜されたメンバーがいたという事実が明らかになり、一歩遅れて不名誉を抱くことになった。

  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者 | 入力 2019-12-06 11:31:42