記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
ニュース > 事件事故

韓国軍、DMZにヘリコプター投入…ASF防疫


    国防部は「アフリカ豚コレラ(ASF)」発生地域である京畿道漣川中部一帯の非武装地帯(DMZ)内にヘリコプターを投入して防疫を開始すると発表した。

    国防部は4日、「今回の航空防疫は2日にDMZ内の野生イノシシからASFウイルスが初めて検出されたことにより、感染原である野生イノシシを通じた二次感染を遮断するための措置」だとし、「DMZ内のヘリコプター防疫措置は国連軍司令部との協議を通じて実施され、北側に関連事実を通報した」と説明した。

    国防部はこの日午後3時30分からヘリコプターを投入して防疫を開始し、DMZを含む民間人統制線以北の全接境地域に約7日のあいだ航空防除を実施する計画だ。国防部は「軍は熱相監視装置などを用いて野生イノシシの移動の有無を確認している」と語った。
  • 毎日経済_アン・ドウォン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2019-10-04 23:15:58