記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
ニュース > 社会

韓国経済、年間成長率1%台に墜落か

韓国銀行のGDP速報 

  • 今年の第3四半期の韓国経済は前四半期比で0.4%成長したことが分かった。金融市場では前期比0.5~0.6%水準を予想したが、これよりも低く現れたわけだ。これにより、年間2%成長も容易ではない見通しだ。第3四半期の成長率鈍化は、政府の成長率への寄与度が前期比基底効果などで低下したことが主な原因とみられる。

    韓国銀行が24日に発表した「2019年第3四半期の実質国内総生産(GDP)速報」によると、第3四半期の実質GDPは前期比で0.4%成長し、今年の第1四半期(-0.4%)以来の低水準を記録した。

    先立つ四半期別の成長率は、今年の第1四半期は前四半期比で-0.4%と急落したが、第2四半期には基底効果で前期比1.0%と反発している。

    結果的に第4四半期に前期との対比で1.0%以上成長してこそ、少なくとも2%台の成長で懸垂することができると韓国銀行は説明した。

    また韓銀が現在展望した年間2.2%の成長を達成するには、第4四半期には少なくとも四半期比で1.7%成長しなければならない。事実上、来月の成長率見通しで下方調整が確実な中で、見通しを1%台に下げることも予想される。

    パク・ヤンス韓銀経済統計局長は、「潜在成長率が低下するということを認めたならば、年間2%以下に実際の成長率が落ちることを認めることがありうる」とし、潜在成長率を引き上げるためどうすべきかがより重要だと表明した。

    歴代の韓国の年間成長率をみると、1956年に0.7%、1980年の石油危機当時は-1.7%、1998年の通貨危機の際に-5.5%、そして2009年の世界金融危機を経験しながら0.8%を記録して計4回、年間2%以下で成長した。

    パク局長は年間2%台の成長率を占う要因として、民間成長の勢いの追加拡大、そして政府が予算を最大限に引き出して執行するかどうかにかかっていると説明した。

    第3四半期の国内総生産に対する支出部門を見ると、建設投資が減少に転じており、政府の消費支出は増加傾向を持続したが、前四半期との対比で大きく増えなかった。

    部門別にみると、民間消費は準耐久財(アパレル等)と居住者の国外消費(海外旅行)が減少したが、耐久財(乗用車など)が増えて前期比で0.1%増加した。これは2016年第1四半期(-0.3%)以来の低水準だ。

    政府消費は健康保険給与費の支出を中心に1.2%増加したが、これは前四半期の2.2%に比べると半分の水準だ。

    建設投資は建物や土木建設がすべて減って5.2%の減少に転じ、2018年第3四半期(-6.0%)以来で最低を記録した。

    設備投資は機械類(半導体製造用の装置など)が減少したが、輸送機器が増えて0.5%増加した。

    輸出は半導体と自動車などを中心に前期比で4.1%増加し、輸入は輸送機器などが増えて0.9%増加した。

    経済活動別にみると、建設業は減少に転じたが、製造業では増加幅が拡大した。

    部門別では、農林漁業は農産物の生産が増えて1.4%増加した。

    製造業はコンピュータとエレクトロニクス、光学機器などが増えて2.1%成長した。

    電気ガス水道事業は、電気業を中心に12.3%減少した。

    建設業は建物や土木建設がすべて減って4.0%減少した。

    サービス業は卸・小売と宿泊飲食業、医療・保健・社会福祉サービス業などを中心に0.4%増加した。

    第3四半期の実質国内総所得(GDI)は、前四半期比で0.1%増加した。表面的に実質GDIが増えたということは、購買力が増加したという意味だ。
  • 毎日経済デジタルニュース局_チョン・ジョンホン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2019-10-24 14:44:31