記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
コラム > 人物

「SuperM」を制作するニコル・フランツCMG副社長


    「Kポップに惜しいと思う瞬間はなかった。PSY(サイ)から少女時代、また防弾少年団(BTS)までのすべてのアーティストの動きの一つ一つがKポップに意味のある瞬間だった」。

    1日、ソウル市三成洞のコエックスで開かれた「2019ソウル国際ミュージックフェア(ミュコン)」に出席したキャピトルミュージックグループ(CMG)のニコル・フランツ上級副社長(写真)は「Kポップの歴史で惜しかったシーン」をあげる質問にこのように答えた。フランツ氏の所属するCMGは米国3大レコード会社のユニバーサル傘下のレーベルでNCT 127とSuper Mなど、SMエンターテイメントのボーイズグループの北米進出を支援している。

    フランツ副社長は2011年に初めてKポップの可能性を発見した。「私が出会った何人かのアーティストが、自分は2NE1やCL(イ・チェリン)からインスピレーションを受けたと言っていた。その時、私はKポップについては何も知らなかった時代だった。インターネットですぐにCLを検索して、見てびっくりした」。

    韓国の歌手への関心をBIGBANGやSHINeeなどで広げていたフランツ氏は、ついに「Kポップ伝道師」を自ら要望して乗り出すことになる。「抵抗がある人もいくつかの曲を聞かせれば、K-POPの魅力をすぐにわかる。それはKポップが持っている、最大の資産であるストーリーテリングのおかげ」。

    来る4日に初のミニアルバムを出して活動するSuper MがKポップ米国大衆化の出発点だ。SHINee、EXO、NCTなど人気メンバーのみで構成するSuper MはCMGとSMのコラボで誕生し、下半期最高の期待の星として浮上している。
  • 毎日経済_パク・チャンヨン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2019-10-01 19:57:41