記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
コラム > オピニオン

[コラム] スティーブ・ユーとMCモン

  • 現在韓国で人気とは別に、マスコミの熱い注目を浴びている中年歌手が2人いる。
    米国同胞のスティーブ・ユー(42歳、ユ・スンジュン)とラッパー、MCモン(40歳、シン・ドンヒョン)だ。

    スティーブ・ユーは、最高裁まで行く訴訟を続けながら韓国に帰ろうとし、MCモンはコンサートを目前にしている。

    スティーブ・ユーは、『17年ぶりの告白』というSBSとのインタビューで「僕の口で軍隊に行くと言ったことはない」と語った。エレベーターの前で知り合いの記者に「(軍隊に)行くようになれば行きます」と何気なく言ったそうだ。その後、大半の放送で軍隊について言及し、身体検査をする姿が報道され、心身が健康なイメージでCMモデルになったことが、背中を押されたようだと付け加えた。

    なぜ、韓国に戻ろうとするのだろうか?

    韓国が自分のルーツということだ。

    MCモンの兵役忌避はあまりにも奇想天外で、当時、多くの人々に噂された。2010年6月ブロッカーに250万ウォンを渡し兵役を延期して、9個以上の歯を故意的に抜いて兵役を免除された疑惑が提起されたからだ。MC抜歯モン、MイCバルモン、モンプラント、抜歯モン、歯モン、シソコモン、歯が抜けたサルなど多くのニックネームが生まれた。

    MCモンは最高裁まで行った訴訟で、故意抜歯は無罪、7度の入隊の延期は、公務執行妨害で有罪で懲役6ヵ月、執行猶予1年の確定判決を受けた。判決の内容では故意の抜歯は無罪だが、大衆はまだ歯まで抜きながら軍隊を避けた彼を忘れていない。

    MCモンの判決で主要争点である抜歯は、検察が歯の中で1つだけを証拠として提出したが、弁護を引き受けた韓国最大の法律事務所「キムエンチャン」が粘り強く争ったため、歯1つでは兵役忌避を目的にしたとは考えにくいという裁判所の判決を得た。検察はその後、故意に抜歯した歯の数を増やそうとしたが、裁判所は受け入れなかった。

    MCモンの復帰は今回が初めてではない。2015年9月にすでに単独コンサートを開いて大衆の前に姿を現した後、翌年正規7集『U.F.O』を発売した。しかし、放送進出までは行かなかった。

    4年が過ぎた今回の復帰は、たぶんテレビ進出まで念頭に置いているのかもしれない。

    スティーブ・ユーとMCモンはなぜこのように切実に韓国歌謡界への復帰を夢見ているのだろうか。

    スティーブ・ユーの言葉のように彼らのルーツが韓国だからだ。全盛期に韓国で享受したその人気、大衆の歓呼、スターとして待遇されたその時代が忘れられないのだろう。

    その時代のように注目を浴びたいという彼らの念願が理解できないわけではない。しかし、彼らの反省はあまりにも弱かったし、今までの、彼らの見せた行動も大衆の冷たい心を癒すには不十分だった。

    軍隊に行かなかったのは彼らの選択だ。自分の選択に対する責任を負う行動が先に進んでいたら、大衆の批判がこれほどまでに厳しくはなかったはずだ。

    スティーブ・ユーとMCモンの責任を負う姿、これは真の謝罪から始まるだろう。まだ彼らは真の謝罪をしていない。
  • Lim, Chul | 入力 2019-09-19 00:00:00