ジェシカ結婚説にお相手のタイラー・クォン「結婚の計画は無い」


ジェシカの「少女時代」脱退後、結婚説が巻き起こっている中で彼女との結婚説の主人公であるタイラー・クォンは「結婚の考えはない」と直接立場を明かした。

1日スポーツ東亜はジェシカとタイラー・クォンが来年5月頃に香港で結婚すると単独報道した。この報道によると二人は結婚関連の主要事項についてすでに準備を終えているものと明かした。結婚式は香港にて挙げた後にジェシカはアメリカニューヨークと香港を行き来しながら生活する予定であるものと伝えた。これに関連してジェシカの所属事務所SMエンターテイメント(以下SM)はこれについて現在まで立場を伝えていない中でタイラー・クォンがweiboを通じて直接立場を明かした。

タイラー・クォンは「ため息が出る」としながら「もう一度話さねばならないようだ。私は今年であろうと、来年であろうと暫くは結婚をする計画はない」という文を掲載した。

先立って30日にSM側は「今春ジェシカが個人的な事情で『この先1枚のアルバム活動を最後にチーム活動を中断する』と知らせてきた」とし「最近少女時代の活動について優先順位及び利害関係衝突する部分に対して正確な調節が付属した状況でジェシカがファッション関連事業を始めることとなった。持続的な論議にもかかわらずこれ以上チームを維持することができない状況となった」とジェシカの少女時代脱退を公式化した。

報道以降、ジェシカの個人的な事情はファッション事業進行、そしてタイラー・クォンとの結婚説に広がった。ジェシカはタイラー・クォンのサポートを受けて8月に「Blanc」というブランドをローンチ、結婚後アメリカニューヨークで本格的にファッションデザインの勉強をする計画であることと伝えられた。

一方、タイラー・クォンはアメリカミシガン大学にて経営学を専攻した在米同胞でニューヨークに本社を置く投資会社コリデル(Coridel)キャピタルパートナーズの芸能事業部CEOを担っている。
  • スタートゥデイ_ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2014-10-01 09:18:51