「江南スキャンダル」ファン・ボミに不倫疑惑 「実は既婚者だった男性を告訴」


  • ファン・ボミSNS

元スポーツアナウンサーでタレントとして活躍するファン・ボミがプライベートでの物議と関連してコメントを明らかにした。

ファン・ボミの所属事務所BOTカンパニーは12日午後、公式コメントを発表して「ファン・ボミは告訴状を受けとった後、相手の配偶者(妻)に状況を説明し、心から謝罪の意を伝えた」と伝えた。

続いて「相手の妻は誤解が解けてファン・ボミを相手取った慰謝料訴訟を取り下げた」とし「現在、ファン・ボミは意図的に妻帯者である事実を隠して本人に接近した男性を相手に精神的被害などの賠償を求める訴訟を進行中」と説明した。

先立ってファン・ボミは昨年11月、プライベートで物議をかもした。当時、所属事務所はファン・ボミが慰謝料請求訴訟に巻き込まれたことについて「ファン・ボミは去る10月末に訴状を受けとった事実がある。訴状の内容はファン・ボミに婚姻破綻の責任があるので5000万ウォンを賠償するよう求めるものだ。ファン・ボミは訴状に書かれた男性と交際した事実はあるが、訴状を受けとってから男性が妻帯者であることを知った」と状況を伝えた。

続いて「男性は妻帯者だという事実だけでなく、子供がいるという事実も隠したままファン・ボミとの交際を始めた」とし「理由の如何を問わず、ファン・ボミの私生活により社会的物議を醸したことに対してお詫びする」と謝罪した。
  • ソン・ジナ MKスポーツ記者
  • 入力 2022-01-13 17:02:25