g.o.d ユン・ゲサン、脳髄膜炎で入院「病院で治療中」


グループg.o.dが8集でカムバックした中で、ユン・ゲサンが脳髄膜炎で入院した。

去る8日、ユン・ゲサンの所属社サラムエンターテインメントによると、この日午前、体の状態が良くなくて訪れた病院でユン・ゲサンは脳髄膜炎の診断を受けて医師の勧めで入院した。脳髄膜炎は、脳と脊髄を囲んだ脳髄膜に炎症が起こる疾患で、状態が激しければ脳損傷や聴力減少、学習能力障害などを起こしたりもする。

所属社側は、「病院で治療を受けている。状態が深刻なことではないとの話を聞いた。数日入院後、g.o.dのコンサートに支障なく参加するだろう」と伝えた。一方、g.o.dは12、13日の両日、ソウル蚕室オリンピック主競技場公演を皮切りに、8月光州、釜山、大邱、大田で15周年記念コンサートを行う予定だ。
  • 毎日経済 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-07-09 08:58:10