CL「自分自身とのコミュニケーションが重要」


  • 写真提供|NYLON


歌手CL(本名イ・チェリン)がファッションマガジン「NYLON(ナイロン)」誌3月号のカバーガールに選定された。

CLはNYLON誌のグラビアで、久しぶりに近況を知らせた。舞台の上で見せてくれるカリスマ性のあるオーラは相変わらずだが、イ・チェリンとしてのナチュラルなムードを一緒に見せつつ撮影は順調に行われた。久しぶりのグラビア撮影にもかかわらず、「やはりプロはプロ」の姿でグラビア職人の姿を思う存分発揮し、「クイーンCL」であることをいま一度立証した。スタジオをまるで本人の舞台であるかのように楽しむCLのおかげで、現場の雰囲気も温かかったという。

  • 写真提供|NYLON


13年の活動を続けているCLはアーティストとして、そして日常に対する物語を続けていった。依然として大衆はCLが何をする者なのか不思議に思い、安否を尋ねると「気にしてくださったなんてとても嬉しい。しかし、それはあまりに意識するとまた疲れるし…、だから私は私の好きなことを着実に続けて、より多くの姿を見せたい」と所信を明らかにした。

続いて、CLをラッパーとして理解している人は多いが、歌手としての始まりはダンスだったことに驚いた者も多いというと、「ダンスは私が私を表現できる、最も合った方法。もともと静かでシャイな性格だったけれど、私を表現できる方法はダンスだと初めて学んだ。これで大きな自信も得た。ダンスは今でも自分自身を理解するのに大きな助けになる」と彼女にとってのダンスの意味を説明した。

CLはまた「人生はけっきょく人々とコミュニケーションし、共存して生きていくことだろうと思う。それだけに、自分自身とのコミュニケーションが重要。私は自分自身との時間をわざとでも多く作る。必ず必要な時間だから」と微笑んだ。

グラビアカットとインタビューは、「NYLON」3月号で確認することができる。 CLとの楽しい時間を収めた映像は、NYLON TVを通じて公開される。
  • 毎日経済スタートゥデイ_ソン・ジョンウン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-02-17 10:46:47