「BTSカムバック」熱気高潮…米『フレンズ:ザリユニオン』に出演



来る21日にカムバックを控えた防弾少年団は、世界の大衆文化コンテンツの貴賓扱いを受けている。伝説的な米国ホームコメディ『フレンズ』特別編に出演するかと思えば、代表的大衆文化雑誌「ローリングストーン」誌の表紙モデルとして乗り出す。

■ 米の番組『フレンズ:ザリユニオン』に出演

ビルボードなどの外信によると13日(現地時間)、防弾少年団は来る27日にHBO Maxで公開される『フレンズ:ザリユニオン』(Friends: The Reunion)に出演する。ポップスターのジャスティン・ビーバーとレディー・ガガ、サッカースターのデビッド・ベッカム、コメディアンのジェームズ・コドゥンと出演陣に名を連ねた。

『フレンズ:ザリユニオン』は90年代に世界で旋風的な人気を呼んだシチュエーション・コメディ『フレンズ』の特別編格だ。ジェニファー・アニストン、コートニー・コックス、リサ・クドロー、マット・ルブランク、マシュー・ペリー、デヴィッド・シュワイマーなどの往年の出演陣が過去の『フレンズ』を撮ったワーナーブラザーズスタジオに集まって撮影を終えた。防弾少年団はトークショーの形で行われるが、放送では特別ゲスト形式で出演することになると思われる。

『フレンズ』は1994年から10年のあいだ米NBCで放送されたシチュエーションコメディで、歴代で最も人気のあるテレビ番組の中の一つにあげられる。防弾少年団のリーダーrmもこの番組を見て英語の勉強をしたと明らかにして話題になったことがある。

■ 米「ローリングストーンズ」誌の表紙を飾る

アジアグループ初でローリングストーン誌の表紙を飾る。ローリングストーンはこの日(現地時間)、社会関係網サービスを通じて「BTSが私たちの6月号の表紙モデルになる」とし、彼らとのインタビュー記事を掲載した。

ローリングストーンによると、全員がアジア人で構成されたグループが表紙を飾ったのは同誌の54年の歴史で初めてだ。ローリング・ストーンは「このグループの力と影響力を示すもの」だと説明した。

ローリング・ストーンは1967年に創刊された米国の代表的な大衆文化誌で、カウンターカルチャーの象徴とされたりもしたし、多くの大衆音楽のスターが表紙を飾った。

「BTSの大成功(Triumph)-7人の若いスーパースターはどのように音楽業界のルールを書き換え、世界で最も人気のあるバンド(biggest band in the world)になったのか」というタイトルのローリングストーン誌の記事は、BTSの結成過程から音楽作業の方法までのまざまな内容を扱った。
  • 毎日経済 | カン・ヨンウン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-05-14 20:56:48