アジア国際短編映画祭(AISFF)、来月6日に開幕…4215作品が出品

Asiana International Short Film Festival (http://www.aisff.org) 

国内最大規模の国際短編映画祭である第12回アジア国際短編映画祭が来月6~11日、ソウル光化門周辺のシネキューブとインディスペースで開かれる。

今年は過去最大規模の109か国から4215本の作品が出品された。このうち、海外からの作品は、3423本だ。開幕作はジャン・モロとイザベラ・ウィペルが出演した映画『ああ、愛とは…』とメキシコ出身の俳優ガエル・ガルシア・ベルナルのデビュー作、『勇気と心』である。

閉幕作には競争部門受賞が上映される。映画祭の顔にあたる国際競争部門には、予審を通過した56作品が進出した。
  • 毎日経済/写真=www.aisff.org | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-10-14 17:04:56