トップ > カルチャー > カルチャー > ユーモアが切実な現代社会(1/3)

ユーモアが切実な現代社会(1/3)

注意事項!使用前に笑いを誘発する恐れがあります! 

世界的に市場経済の不況が続きながら、消費者は新製品購入と趣味活動に目をそむけ耳を閉じた。市場ではこのような消費者の凍りついた体と心を解きほぐすため、ひとつのコード「ユーモア」を選択し始めた。

平凡な商品にユーモアというスーツを着て


  • ユーモアが切実な現代社会(1/3)
映画「アイアンマン」でアイアンマンスーツを着ない主人公トニー・スタークはただの(?)天才、億万長者、プレイボーイ、博愛主義者にすぎない。彼がアイアンマンスーツを装着しながらスーパーヒーローになるれように、多くの市場が自身の商品が消費者の心に入ることのできる強力なスーツを探し始めた。ただ見た目と長点を伝達する固い話は魅力がなく記憶に残らない。結局市場は、他の製品と差別を与え疲れた現代人の心を溶かすことのできる「何か」を選択した。今では世界的に伝説になったサイの「カンナムスタイル」、「ジェントルマン」ミュージックビデオと、遠くに感じられるだけだった社会ニュースを辛らつに見せる人にして刺激的だが憎くなく、一度笑える文化トレンドとして作用している。溢れ出る市場の中の差別的な結果を出したこれらのように、コメディ、ユーモアは人の目をとらえることのできる頼もしいアイアンマンスーツになるだろう。

ユーモアを含んだ大衆文化


  • ユーモアが切実な現代社会(1/3)
大衆文化でユーモアコードは長い間愛されてきているジャンルだ。ドラマ、映画、文学など大衆文化ではどれだけ暗い主題の話にも、見る者が笑って超えられる「休む時間」を提供しており、それは後に繋がる話に集中できる力を乗せてくれる。最近放映終了したKBSドラマ「職場の神」では、到底想像できないキム・ヘスの徹底した崩壊(?)が大きな話題になった。職場内で徹頭徹尾の仮面を被った「ミスキム」役のキム・ヘスは、彼女だけの独特な言葉づかいを流行させ、赤い肌着の一風変わった再発見を自ら見せてくれるなど、見る視聴者へ毎回大きく笑って超えられる場面を残した。そのかと思えば、映画でユーモアコードはひとつの法則だといえる程、必須的に使われもする。これを確認できるのがまさに「予告編」。2時間の映画は人の耳目を引きつけるために、ユーモラスで刺激的な場面など、一番面白い部分をひとつに集め、短い予告をつくる。このように大衆文化で使われるユーモアコードは、続くシーンにさらに集中できるひとつの踏み石になっている。
  • Citylife_イ・スンヨン
  • 入力 2013-06-19 12:00:00