トップ > カルチャー > 韓国探訪 > コートヤード・マリオット・ソウル南大門が23日にオープン

コートヤード・マリオット・ソウル南大門が23日にオープン


  • コートヤード・マリオット・ソウル南大門が23日にオープン
マリオット・インターナショナル(Marriott International)のビジネスホテルブランドであるコートヤード・マリオット・ソウル南大門(Courtyard Marriott Seoul Namdaemun)が来る23日に開館する。

コー​​トヤード・マリオット・ソウル南大門は中区南大門路に位置しており、コートヤード・マリオットブランドとしては永登浦(ヨンドゥンポ)タイムズスクエア、板橋(パンギョ)に続いて3番目だ。

コー​​トヤード・マリオット・ソウル南大門側は「ソウルの歴史、文化、ビジネスの中心地でマリオットだけの品格あるグローバルサービスをリーズナブルな価格で提供する」と明らかにした。

このホテルの最大のメリットは、何よりも立地だ。国宝1号の崇礼門(南大門)のすぐ前に位置しており、徳寿宮、景福宮をはじめ、南大門市場、Nソウルタワー、明洞などの主要観光地へのアクセスが容易なだけでなく、地下鉄1・2号線の市庁駅と4号線の会賢(フェヒョン)駅から徒歩5分の距離で、外国人観光客はもちろん韓国人にも人気のある立地を誇る。

地下4階、地上22階規模のコートヤード・マリオット・ソウル南大門の客室は全409室で、すべての客室には49インチのLEDテレビ、高級寝具、高速インターネットなどが完備されている。全面窓ガラスを通して国宝1号の崇礼門とNソウルタワーを眺めることができようにした。

ホテル19階に位置した南大門スイートは、国宝1号の崇礼門をはじめとするソウル市内がパノラマのように見渡せる屋外テラスが備わっており、一般的な宿泊のほか、屋外テラスだけを別途で借りることもでき、カクテルパーティーやブライダルシャワーなどの小規模のイベントを進行できる。

最上階の22階には、エグゼクティブラウンジがあり、エグゼクティブフロアの宿泊客は朝食と夕食ハッピーアワースナック無料提供、ミーティングルーム無料などのさまざまなエグゼクティブラウンジの特典を追加で受けれる。

開館を記念してグランドオープンパッケージも出した。14万9000ウォンから価格が設定されたが、プレミアルーム1泊にモモカフェのペア朝食ビュッフェ、午後3時のレイトチェックアウト、スクラッチカードなどが含まれている。スクラッチカードを通して当選者は、バリとシンガポールなどのマリオットホテル宿泊券とコートヤード・マリオットソ・ウル南大門のスイートルーム1泊とペアディナービュッフェ券、クラブマリオット・プレミアムメンバーシップ1年利用券などの豊富な景品も受け取れる。

  • コートヤード・マリオット・ソウル南大門が23日にオープン
  • 毎日経済 パク・インヘ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-05-15 01:13:38