「第19回韓国国際アートフェア(KIAF)」オンライン開催

世界の美術品4千点が一目で 

  • スプルース・マーガス・ギャラリーが販売したジョージ・コンドの新作。


ドイツの著名ギャラリーのスプルース・マーガス(Spruth Magers)は、ことし初めて「第19回韓国国際アートフェア(KIAF)」に参加する予定だった。ソウル市三成洞のコエックスにブースを構える計画を立てたが、「コロナ19」でオフラインでのイベント開催がキャンセルになり、けっきょくKIAFはオンラインビューイングルームに作品画像をアップロードすることになった。

去る16日午後にVIP向けに開幕するや否や、スプルース・マーガスの専属作家である米国の人気画家ジョージ・コンドの新作1点と米国のコンセプトアーティストであるバーバラ・クルーガーの作品2点が売れた。 KIAFを主催した韓国画廊協会側はコンド氏の新作『Two Figures With Face Masks』は15億~17億ウォンで売れたものと推定されると伝えた。マスクをした2つの顔を解体して風変わりに組み合わせ、現代人の不安を表出した作品だ。

初めてオンラインで開催されたKIAFは、相次ぐ販売ニュースを伝えて順調に出発した。ほとんどのギャラリーが独自の展示場に出展作品を展示するオン・オフのハイブリッド形式で進めて目を引く。釜山のチョヒョンギャラリーはオンライン・ビューイングルームを通じて単色画の巨匠パク・ソボの『色彩妙法』を27万ドル(約3億2000万ウォン)で、墨の作家イ・ジョンベのドローイング作品を1920万ウォンで売ったと発表した。チョヒョンギャラリーの関係者は、「VIP開幕の初日の夜に売れた。うちの画廊の客ではなく、KIAFのオンラインビューイングルームを通じて入ってきた新しい顧客だった」と語った。

  • ドイツのディギャラリーが出展したルーチョ・フォンタナの『Concetto spaziale』。


コロンビアのギャラリーのカーサ・クアドゥラダ(Galeria Casa Cuadrada)が出品したスペインの人気作家エドガー・プランスの作品3点も新しい所有者を見つけた。かわいいキャラクターたちが調和した明るい作品だ。

目で楽しむだけのオンラインビューイングルームでは、11カ国で139ヶ所のギャラリーが作品4000点あまりを展示した。カナアートセンター(GANA ART CENTER)、ギャラリー現代(Gallery Hyundai)、国際ギャラリー(KUKJE GALLER)、学古斎(ハクコジェ/Hakgojae)など国内の主要ギャラリーをはじめ、米ペイスギャラリー(Pace Gallery)とリーマンマフィン(Lehmann Maupin)ギャラリー、独ディギャラリー(DIE GALERI)など、世界の主要なギャラリーが主要作家らの作品を披露した。

ペイスギャラリーは英国出身の巨匠デビッド・ホックニーのプリント作品、米の光の作家ダン・フレイヴィンの蛍光灯のインスタレーション作品、抽象芸術の巨匠イ・ウファン、身体ドローイング作家イ・ゴンヨンなどの作品を掲載した。ペイスギャラリーのイ・ヨジュ ディレクターは「李禹煥、ナイジェル・クック、名和晃平、サム・ギリアム、ピーター・アレクサンダーの作品5点を販売した」とし、「来週はソウルの漢南洞ギャラリーで、オンラインビューイングルームの出品作を披露する」と述べた。

  • 韓国国際アートフェアのオンラインビューイングルームの画面


リーマンマフィンギャラリーは設置美術家のイ・ブル、英国の作家トレイシー・エミンとシャンタル・ジョフィの作品を前面に出して、購入予約件が増えていると明らかにした。独ディギャラリーはイタリアの空間主義芸術のパイオニア、ルーチョ・フォンタナの1962年の絵画と、イタリアの彫刻家マリノ・マリーニの作品をそれぞれ200万ドル(約23億5000万ウォン)で発表した。

独ディギャラリーは、昨年730万ドル(約87億ウォン)でコンスタンティン・ブランクーシの彫刻『プリンセスX(Princess X)』を出品して、KIAF最高の作品記録を立てることもした。カナアートセンターは最近に展示した日本の作家塩田千春の大きな赤い糸の設置作品をはじめとし、ホ・ミョンウク、ホ・サン、アン・ジョンデ、ファン・ギュベク作品でギャラリーのページを満たした。国際ギャラリーは李禹煥(イ・ウファン)の1988年作『風とともに』、ハ・ジョンヒョンの『接合』連作、ムン・ソンシクの風景画、歩く人で有名な英国の作家ジュリアン・オピーの作品などを出品した。国際ギャラリーの関係者は、「ムン・ソンシクとオピーの作品に対する購入問い合わせが最も多く入ってきている」と語った。

  • チョヒョンギャラリーが販売したパク・ソボの2018年作『妙法』No.081229


ギャラリー現代は抽象化の巨匠チョン・サンファ、水滴作家のキム・チャンヨル、韓国前衛美術の先駆者イ・スンテクらの作品で良い反応を得ており、ハクコジェギャラリーはドーナツ作家のキム・ジェヨン作品に対する購入問い合わせが多いと伝えた。韓国ギャラリー協会はオンラインビューイングルームで近現代美術の特別展「深い響きをより-韓国近現代抽象展」を開き、作家とギャラリーの紹介映像を上げている。 23日からは一般に公開し、10月18日まで継続される。

韓国ギャラリー協会のチェ・ウンチョル会長は、「アートバーゼル香港のオフラインイベントがキャンセルされた直後の4月から、オンラインビューイングルームを準備してきた。一ヶ月間オープンして、コロナ19で打撃を受けたギャラリーがひと息つけることを期待している」と述べた。
  • 毎日経済_チョン・ジヒョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-09-18 19:19:02