詩人キム・イドゥム、韓国人初の「全米翻訳賞」

社会的弱者を代弁 


キム・イドゥム詩人(写真)の詩集『ヒステリア』が世界的権威である全米翻訳賞を受賞した。韓国人初の受賞だ。昨年、キム・ヘスン詩人の詩集『死の自伝』がカナダのグリフィン詩文学賞を受賞したことに続くいもう一回の快挙だ。アメリカ文学翻訳協会(ALTA)は15日(現地時間)、ALTAオンラインカンファレンスを開いて全米翻訳賞部門受賞にキム・イドゥム詩人の詩集『ヒステリア』を選定した。 ALTAは『ヒステリア』について、「混雑した都市で苦しむ日常の経験を挑発的な言語で描いた」とし、「合理性と叙情性、社会的規範に抵抗し、韓国フェミニズムの詩学を継承する」と評した。

キム詩人は16日、毎日経済との通話で「受賞の知らせを聞いて信じられず、頬をつまんでみたりした」とし、「カンファレンスで詩が朗読されるのを見て涙をこんこんと流した」と所感を伝えた。

これだけではない。『ヒステリア』は同じ日に全米翻訳賞部門に加え、ルシアン・ストリック翻訳賞も受賞した。全米翻訳賞はALTAが1998年に作った賞で、詩と散文分野などを表彰する。翻訳文学作品に授与される他の賞とは異なり、原作と翻訳版の等価性までを評価するなど基準が難しい。 2010年に制定されたルシアン・ストリック翻訳賞は優秀なアジア翻訳文学が受賞する。両方のも作品と翻訳者に与えられる賞だ。 『ヒステリア』はジェイク・レヴィン、ソ・ソウン、チェ・ヘジが共同翻訳した。キム詩人は「翻訳しにくい部分が多かったが、翻訳者三人はリズム感を失なわずに言語のニュアンスをうまく生かした」と称賛した。

ALTAが文学賞を出すようになって以来、一年にひとつの作品が2つ以上の賞を受けたのは初めてだ。特にルシアン・ストリック翻訳賞に韓国詩人の作品が2年連続で受賞する記録を書いた。昨年は詩人のキム・ヘスン氏が書いて、詩人のチェ・ドンミ氏が翻訳した『死の自叙伝』が受賞した。

キム詩人は2001年に季刊「ポエジー」で登壇し、詩集『星形の染み』『明朗なれファム・ファタール』『話すことのできない恋人』を出し、長編小説『ブラッド・シスターズ』も書いた。『ヒステリア』は2014年に出版された同氏のの第5詩集だ。 2019年に米国の出版社「アクションブックス」を通じて『ヒステリア』の英訳本を出版した。このほか『陽気なファム・ファタール』と『ブラッド・シスターズ』などが英訳で出版された。

キム詩人は女性や未婚の母、障害者、同性愛者、精神疾患者などの少数者の鬱憤を詩で代弁してきたという評価を受けている。今回の受賞作 『ヒステリア』も同様だ。詩集のタイトルと同じタイトルの「ヒステリア」は、地下鉄の中で繰り広げられるセクハラについて扱った。不快な経験について問題を積極的に提起する。また別の詩『サグァオプソヨ』では感情労働者などの弱者に温かい視線を送る。詩的話者は注文した料理が間違って出てきたが、従業員が被害を受けることを懸念して抗議せずにそのまま食べる。

キム詩人は「私もいなかの出身で既得権のない存在」だとし、「少数者に連帯感を持って、それらの情緒を表現しようと努力した」と説明した。果敢で衝撃的な筆致であることから、同氏の詩は大衆的ではない。 2014年に「ウェブマガジン詩人広場今年の良い詩賞」を受賞した詩である『田舎娼婦』程度が知られている。キム詩人は「これまでなぜこのような詩を書くのかなど、あまり聞きたくない話も聞いた」とし、「ずっと詩を書いても大丈夫、力を出しなさいという応援のメッセージを受けることになり、この上ない幸せだ」と述懐した。

  • 『ヒステリア』

.
  • 毎日経済_ソ・ジョンオン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-10-16 19:19:44