チョン・ジヒョン、離婚・別居の噂を全面否定


  • 毎日経済スタートゥデイDB

女優のチョン・ジヒョン(40)が夫のチェ・ジュンヒョク(40)アルファ資産運用代表との離婚および別居の噂を否定した。

チョン・ジヒョンの所属事務所である文化倉庫は3日、公式コメントで「昨日「カロセロ研究所」が配信したチョン・ジヒョンの離婚と別居に関する噂について、当社の立場を申し上げる。まず該当の配信で言及されたいかなる内容も事実無根であることをお伝えする」と明らかにした。

続いて「現在、オンラインに事実と異なる内容が無分別に拡散されており、「カロセロ研究所」の配信およびデマから派生した意図的な悪質デマが生成され投稿されていることを確認した」と説明した。

また、所属事務所側は「これにより事実ではない歪曲された情報について正確な事実関係を究明したく、事実と異なる記事やコメントなどを通じた虚偽事実の流布について強力な法的措置をとる予定だ」と付け加えた。

最近、オンラインコミュニティとSNSを中心にチョン・ジヒョンが夫チェ・ジュンヒョクさんと離婚を準備中で、原因がどちらかの不倫だという事実確認がとれていない噂が急速に広がった。

続いて2日、YouTubeチャンネルのカロセロ研究所は「チョン・ジヒョン離婚の噂の実体(チョン・ジヒョン資産870億ウォン)、夫チェ・ジュンヒョクと別居?」というタイトルの映像を公開した。

カロセロ研究所は「チョン・ジヒョンに離婚の噂が流れ始めたのが昨年12月だ。チョン・ジヒョンの夫が運営するファンドが圧倒的1位になったという記事が報道されたとき、夫がチョン・ジヒョンの夫はもう嫌だと家を出て行ったという。最側近から聞いた」と夫婦が別居中だと主張した。

続いて「チョン・ジヒョンは離婚を望んでいない。広告のため」とし「過去に故チェ・ジンシルさんが離婚により広告主に賠償した判決がある」と伝えた。

また、カロセロ研究所は「チョン・ジヒョンが離婚した瞬間、数十個の広告違約金を払わなくてはいけない」とし「チョン・ジヒョンがいくらお金持ちでも家をいくつか売らなければならないだろう」と主張した。

また「チョン・ジヒョンの離婚の噂が提起されたのが6カ月前なのに、まだ話が出てくるのを見ると、2人の関係は縫合されなかったようだ」と付け加えた。

チェ・ジュンヒョク代表はアルファ運用のチェ・ゴン会長の次男で、高麗大を卒業してバンク・オブ・アメリカ(BOA)デリバティブ部門長として働いてきたが、2019年4月にアルファ運用担当副社長に迎え入れられ、昨年2月に新任代表として選任された。

チェ・ジュンヒョク代表の母親はファッションデザイナーのイ・ジョンウで、祖母は韓服を世界に広めたデザイナーの故イ・ヨンヒだ。チェ・ジュンヒョク代表の実兄は2004年にデビューした4人組ダンスグループ「X-Large」のメンバーチェ・ジュンホで、シンガポール財界1位のグループの一人娘と結婚したことが知られている。

チョン・ジヒョンとチェ・ジュンヒョク代表は2012年に結婚した。2人の息子にめぐまれている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-06-03 11:40:55