熱愛が悪材料になったスター2位に「サイコでも大丈夫」ソ・イェジ 1位にはあの俳優


  • スタートゥデイDB

歌手で俳優のイ・スンギが熱愛がむしろ悪材料になったスター1位に選ばれた。

コミュニティポータルサイトDCインサイドと好み検索企業マイセレブが運営中の「エキサイティングDC」が「熱愛説がむしろ悪材料となったスターは?」という質問で投票を実施した結果、イ・スンギが1位になった。この投票は5月30日から6月5日までの7日間にわたり行われた。

総投票数5778票中、3086票(53%)で1位になったイ・スンギは最近、女優のイ・ダインと「好感を持ってお互いを徐々に知る段階」と明らかにして熱愛を認めた。しかし、一部のファンはイ・スンギの真面目なイメージが打撃を受けるのではないかと心配している。これにイ・スンギの家の前で熱愛に反対するトラックデモを行うなど、スターカップルの誕生に大きな関心が集まるほどに後遺症も深刻な状況だ。

2位は668票(12%)でソ・イェジとなった。キム・ジョンヒョンとの熱愛が一歩遅れて知られ話題を集めたソ・イェジは性格まで問題視されて2人ともに悪材料として作用した。ドラマ撮影に支障をきたすほどにキム・ジョンヒョンを束縛したという疑惑を受けたソ・イェジは以降、過去のいじめ加害や学歴操作など他の疑惑まで提起されて波紋を広げた。当時、ソ・イェジはすべての物議に対して事実と異なるというコメントを発表した後、公の場から姿を消した。

3位には530票(9%)でハン・イェスルが選ばれた。最近、SNSを介して10歳年下の一般人の彼氏を公開した。しかし間もなくすぐに恋人の男性がホスト出身だという疑惑が提起された。これにハン・イェスルは反論し、所属事務所とSNS、個人のチャンネルを介して疑惑に対抗している姿だ。

このほかEXOチャニョル、BLACKPINKジェニー、キム・ジョンヒョンなどが続いた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-06-07 14:18:12