ナムグン・ミンが最精鋭エージェントに 新ドラマ「黒い太陽」スチールカット初公開


  • MBC

ナムグン・ミンが『黒い太陽』で国家情報院の最精鋭エージェントに変身する。

今年の下半期に韓国で放送予定のMBC新ドラマ『黒い太陽』側が、カリスマあふれるナムグン・ミンの最初のスチールカットを公開した。

『黒い太陽』はパク・ソクホ作家の2018年MBCドラマ脚本公募展受賞作で、一年前に行方不明になった国家情報院の現場エージェントが自分を地獄に落とした内部の裏切り者を見つけるために組織に復帰する話だ。

ナムグン・ミンは劇中、国家情報院の最精鋭の現場エージェントであるハン・ジヒョク役を引き受けて、派手で痛快なアクションを披露する予定だ。ハン・ジヒョクは隙のない完璧な業務遂行能力から同僚たちの敬畏の対象だったが、一日にして組織を危機に追い込んだまま姿を消し、1年ぶりに帰ってきて組織を揺るがすことになる人物だ。

公開された写真の中のナムグン・ミンは国家情報院の最精鋭エージェント「ハン・ジヒョク」に完璧に変身している。強烈な目つきはもちろん、悲しみと怒りが共存する表情で尋常ではない雰囲気を醸し出し好奇心を刺激する。また、銃口を向けてどこかを見つめている姿は緊張感を高める。

『黒い太陽』の制作陣は「ナムグン・ミンは完璧に鍛え上げられた外見から、セリフひとつ、ため息ひとつにも、どうすればハン・ジヒョクを完全に表現できるか常に悩んで演技に臨んでいる。アクションブロックバスタージャンルの特性上、難しい場面が多いが、完璧に演技するナムグン・ミンを見ながらスリルを感じるほどだった。ナムグン・ミンの爆発的な演技と豪快なアクションがどのような相乗効果を生むのか、『黒い太陽』で確認してほしい」と伝えた。
  • MKスポーツ ソン・ジナ記者
  • 入力 2021-06-11 09:09:41