SEVENTEEN、新型コロナ感染のスタッフと濃厚接触 新曲活動を延期


  • Pledisエンターテインメント

グループSEVENTEENが新型コロナウイルスの濃厚接触者に分類され、8thミニアルバムの活動をしばらく中断することになった。

所属事務所Pledisエンターテインメント側は19日、SEVENTEENの公式ファンカフェを通じて「SEVENTEENの8thミニアルバムの活動が延期された」と伝えた。

所属事務所は「今年6月15日、SEVENTEENの8thミニアルバムのカムバック準備のための撮影が行われ、これに参加したHYBEの社員1人と外注スタッフ1人が、それぞれ18日と19日に新型コロナウイルスに感染したことが分った」と発表した。

さらに「アーティストたちは最初の患者が最初に症状を見せた17日の夕方に自己診断キットで感染の有無を確認し、その後PCR検査を先制的に行い18日午前に全員が陰性結果を受けとった。現在、アーティストには発熱、呼吸器疾患など感染が疑われる症状が全くない」とし「しかし19日の夕方、防疫当局からアーティストを含めて15日の日程に参加した全員が濃厚接触者に分類され、19日の夜から29日まで自宅隔離を要請された」と伝えた。

さらに「SEVENTEENは20日に予定されていたSBS『人気歌謡』、SEVENTEENの8thミニアルバム『Your Choice』のオンラインファンサイン会などをはじめ、8thミニアルバムに関する活動を延期する計画だ。活動再開の日程は、アーティストの自宅隔離終了後に再度ご案内する」と了解を求めた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-06-21 07:36:29