防弾少年団、日本ベストアルバムがオリコン週間アルバムランキング1位


  • 写真:Big Hit Music

グループ防弾少年団が日本で発売したベストアルバム『BTS、THE BEST』でオリコン新記録を打ち立てた。

日本のオリコンが22日に発表したところによると、「『BTS、THE BEST』はオリコンの「週間アルバムランキング」最新チャート(6月28日付集計期間6月14~20日)で78万2,000枚の売り上げを記録し発売初週で1位になった。特に78万2,000枚は「週間アルバムランキング」基準で今年初の週の販売量最高記録だ。

防弾少年団は昨年7月に発売した日本フルアルバム『MAP OF THE SOUL:7 ~THE JOURNEY~』が1週間で56万4,000枚売れ、「週間アルバムランキング」1位を記録し、歴代海外男性アーティストのアルバム初週最高販売数を記録した。これにより防弾少年団は約1年ぶりに自身が保有する海外男性アーティストのオリコンアルバム初週最高売り上げ記録を更新した。

オリコンによると、『BTS、THE BEST』の1週目の売り上げ78万2,000枚は「海外アーティストの1週目の売り上げ枚数」という基準で、マライア・キャリーに次ぐ歴代2位の大記録だ。

また、『BTS、THE BEST』は、防弾少年団が2017年から4年間に日本で発売したシングルとアルバム収録曲を網羅したアルバムで、日本のオリジナル曲「ilm out」と5月3日付のオリコン「週間ストリーミングランキング」で史上最短の累積再生数3億回突破を記録した「Dynamite」など計23曲が収録されている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2021-06-22 09:17:08