キム・ゴウン、爽やかボブヘアの会社員に変身「ユミの細胞たち」スチールカット公開


  • TVING

『ユミの細胞たち』でキム・ゴウンが歴代級の共感キャラクターで帰ってくる。

2021年下半期に公開される『ユミの細胞たち』側は1日、ユミに完璧に変身したキム・ゴウンの最初のスチールカットを公開した。共感しやすいユミの日常を細胞単位まで一つ一つ見せるキム・ゴウンの活躍が期待を集める。

シーズン制で制作される『ユミの細胞たち』は細胞と一緒に食べて恋して成長する平凡なユミの話を描いた細胞刺激共感ロマンスだ。『ショッピング王ルイ』『知っているワイフ』などを通じて感覚的な演出を披露したイ・サンヨプ監督がメガホンを取る。ここに『アルハンブラ宮殿の思い出』『W-君と僕の世界-』など独創的な筆力を誇るソン・ジェジョン作家がクリエイターとして参加し、『その男の記憶法』『二十歳』で愛されたキム・ユンジュ作家と新鋭キム・ギョンラン作家が執筆を引き受けてドラマファンをときめかせている。

原作のネイバーウェブ漫画『ユミの細胞たち』(文/図イ・ドンゴン)は細胞の擬人化という奇抜な想像力に、新鮮な日常の描写で人気の作品だ。意識の流れを司る様々な細胞の活躍が重要なだけに、ドラマ『ユミの細胞たち』は実写とアニメーションを組み合わせた新鮮なフォーマットで制作される。

何よりも原作キャラクターの魅力を最大限に引き出すであろうキム・ゴウンの変身に熱い関心が集まっている。この日公開された写真の中の、ユミのトレードマークであるボブヘアとさわやかな笑顔を装着したキム・ゴウンの姿は期待に火をつける。リアルな会社員としての姿はもちろん、自分だけの時間を楽しむささやかな日常まで、誰もが共感できるユミの瞬間が好奇心を刺激する。

キム・ゴウンが演じるユミは、退屈から抜け出すことができない平凡な会社員だ。退屈な日常にひとさじのロマンスを望むユミに、ある日思いがけないときめきが訪れる。キム・ゴウンはユミの愉快な日常と成長を細かい感情線を生かして描き出すと期待される。ここにただユミのために生きて、ユミのために働く、頭の中の細胞との新鮮なやり取りはこれまで見たことのない独特な面白さを感じさせる見込みだ。

『ユミの細胞たち』の制作陣は「4月から撮影をスタートさせ、俳優と制作陣全員が完成度の高い作品のために心血を注いでいる」とし「キム・ゴウンは、私たちが発見できなかったユミの別の姿まで満たしてくれる役者。現実的で共感あふれるキャラクターを作り上げるキム・ゴウンの活躍に期待してほしい」と伝えた。

一方、『ユミの細胞たち』は2021年下半期に公開される。
  • スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-07-01 13:27:00