スジ、未熟児の心臓手術費を後援「寄付天使」


  • スタートゥデイDB

歌手兼女優のスジが暖かい寄付を伝えた。未熟児の心臓手術費を後援したのだ。

スジの所属会社MANEGEMENT SOOPの関係者は7日、毎日経済スタートゥデイに「スジが生命分かち合い実践本部を通じて後援金を寄付したのは事実」と明らかにした。

スジは普段から寄付を続けてきた「生命分かち合い実践本部」に寄付金を渡し、未熟児の心臓手術費を後援した。スジが後援した児童は今年初め、肺と心臓に問題を持って生まれた未熟児で、現在手術を受けて健康を回復しているという。

スジはデビュー後、保育園、低所得層、小児ガン患者などのために着実に分かち合いを実践してきた。2015年には社会福祉共同募金会「愛の実」の1億ウォン以上高額寄付者の集まりである「Honor Society」に名を連ねている。

スジは2010年、ガールグループmissAとして芸能界にデビューした。その後、KBS2の『ドリームハイ』を皮切りに演技を始め、映画『建築学概論』で「国民的初恋」と呼ばれ、役者として認められた。スジは映画『ワンダーランド』の公開を控えている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-07-07 09:39:02