防弾少年団、新曲「Permission to Dance」MVの再生回数が1億回突破


  • Big Hit Music

グループ防弾少年団の「Permission to Dance」のミュージックビデオが公開から52時間で1億回を突破した。

9日午後1時に全世界に公開された防弾少年団の新曲「Permission to Dance」のYouTubeの再生数が11日午後5時9分頃、1億回を超えた。これで防弾少年団は通算34本目の億単位再生数のミュージックビデオを保有することになり韓国歌手の最多記録を更新した。

YouTube側によると「Permission to Dance」のミュージックビデオが公開24時間で再生数7,230万回を記録した。このミュージックビデオは公開時点での最大同時アクセス者数である230万人を超え史上4本目のYouTubeプレミアミュージックビデオの視聴記録も達成した。これにより防弾少年団は「Butter」、「Dynamite」、「Life Goes On」に続き「Permission to Dance」までYouTubeの歴代最多ミュージックビデオ視聴記録の1位から4位までを獲得した。

「Permission to Dance」のミュージックビデオは室内と野外を行き来しながら楽しく踊る防弾少年団の姿が交差し活気に満ちたエネルギーを伝える。澄んだ空と7人のメンバーの明るい笑顔、国際手話を活用した親近感と真正性が際立つ振り付けまで盛り込まれ熱い関心を集めている。

一方、防弾少年団のシングルCD「Butter」に収録された「Permission to Dance」は軽快で楽しいダンスポップジャンルの曲で中毒性のあるメロディーにさわやかなピアノ演奏、ストリングサウンドが加わって魅力的だ。公開直後、Twitter世界リアルタイムトレンド1位、YouTube人気急上昇音楽1位に上がり、Ginie、Bugs!など国内リアルタイム音源チャートでも発売と同時に首位に立った。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-07-11 19:23:54