2PM、5年ぶりのカムバック 新しい形のコンテンツに次々と挑戦


  • JYPエンターテインメント

グループ2PMが13年前のデビュー以来、初めて試みたコンテンツにファンたちが歓呼している。

2008年8月にファーストシングル「Hottest Time Of The Day」とタイトル曲「10 out of 10」でデビューし、いつのまにか14年目を迎えたグループ2PMが新しい姿を披露して、ファンと楽しい時間を過ごしている。

2PMは6月28日、7thフルアルバム『MUST』とタイトル曲「Make It」を発表した。約5年ぶりの完全体カムバックを記念して、待っていたファンたちの念願だった様々なコンテンツを披露している。

「My House」の人気再熱の導火線となったチッケム(メンバー1人だけを追って直接撮った映像)形態が発展に発展を重ねて、放送局ごとに個人カメラ、フェイスカメラ、航空カメラ、4Kなど、様々なチッケムが公開されるようになった現在、「Make It」で初めて放送局が制作した2PMのチッケム映像が公開された。

6人6色のダンスのラインと表情を詳しく見ることができる映像に多くの視聴者が「あの時「My House」で行こうと言われて行けなかった恨みを解いた」とメンバーたちの巧妙なパフォーマンスとK-POPコンテンツの絶妙な出会いに熱狂した。音楽番組でのパフォーマンスの象徴として定着したエンディングポーズも2PMは初めてで、これもファンのささやかな鑑賞ポイントになった。

振り付け映像も「10 out of 10」がありのままの原石だったとしたら、「Make It」は磨かれた節制されたセクシーさへと進化している。2PMは「10 out of 10」活動当時、メンバー全員が上着を脱ぐ群舞とアクロバティックに熱中する練習映像で新鮮な衝撃を抱かせた。2021年の「Make It」の振り付け練習映像では、スーツにネクタイまで備えた「スーツPM」に変身して2PM特有のすらりとした長身のビジュアルを誇った。

K-POPファンの間で人気のMnetデジタルスタジオM2のリレーダンスも初めて披露した。6人のメンバーは、「Make It」に合わせて華やかな振り付けの動線を披露し、ビハインド映像では初めて試みるリレーダンスに照れながらも、すぐに明るく楽しむギャップの魅力でファンを喜ばせた。時代の変化に伴うファンとのコミュニケーションにも熱意を見せている。最近、2PMはアルバム『MUST』発売記念で初のビデオ通話ファンサイン会を行って国内外のHottest(ファンクラブ)と特別な思い出を作った。

2PMはファンを思う真摯な気持ちで今回の「Make It」の活動に取り組んだ。

ジュノは去る28日のカムバックプレスショーケース当時、人気再熱への感想と完璧な自己管理の秘訣について尋ねられると「カムバックをしたときに、かけ離れている姿を見せず、ファンの方々と大衆の前に出るのだからマナーのある姿をお見せしたかった」と答えて格別な心構えを明らかにした。彼らは歌謡界に登場すると同時に独歩的な野性味で存在感をアピールし、国内外の女性ファンたちの願いをひとつのグループに集めた理想のタイプコレクションとして大きな人気を集めた。そして5年の長い兵役によるブランクを終えて、メンバー全員が一層アップグレードされた魅力のために努力を続け「Make It」のパフォーマンスでは、すっきりしていながらも洗練された衣装を消化して、切れのあるパフォーマンスで長いあいだ待ち焦がれてきたファンに応えた。

K-POPの男性グループの歴史に「野獣アイドル」という唯一無二の領域を構築していた2PMがセクシーアイコンへと進化し、その名声と活躍を続けるものと期待を集めている。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-07-14 10:49:05